スキルアップを始める!

Firebase Cloud Messaging(FCM)を使用してNode.jsサーバーからユーザーに通知を送る(Part1)

Firebase(ファイアベース)
この記事は約3分で読めます。
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

Firebase Cloud Messaging(FCM)を使用してNode.jsサーバーからユーザーに通知を送るには、Firebase Admin SDKを使用してFirebaseプロジェクトに接続し、メッセージを送信する必要があります。

以下は、Node.jsサーバーからFirebase Cloud Messagingを使用して通知を送る手順です。

Firebaseプロジェクトのセットアップ

プロジェクト設定で、「サービスアカウント」タブに移動し、新しいサービスアカウントを作成します。

サービスアカウントキー(秘密鍵)を生成し、JSONファイルとして保存します。このファイルには Firebase Admin SDK の認証情報が含まれています。

Firebase Admin SDKのインストール

Node.jsプロジェクトでFirebase Admin SDKをインストールします。

npm install firebase-admin

Node.jsをtypescriptで書く

TypeScriptのパッケージをインストールしておきます。

yarn add typescript ts-node @types/node

Firebase Admin SDKを初期化

Firebase Admin SDKを使ってFirebaseプロジェクトに接続し、認証情報を読み込みます。

const admin = require('firebase-admin');
const serviceAccount = require('path/to/serviceAccountKey.json');

admin.initializeApp({
  credential: admin.credential.cert(serviceAccount)
});

通知を送信

Firebase Admin SDKを使用して、通知を送信します。

const registrationToken = 'ユーザーのデバイストークン';

const message = {
  data: {
    key1: 'value1',
    key2: 'value2'
  },
  notification: {
    title: '通知のタイトル',
    body: '通知の本文'
  },
  token: registrationToken
};

admin.messaging().send(message)
  .then((response) => {
    console.log('Successfully sent message:', response);
  })
  .catch((error) => {
    console.error('Error sending message:', error);
  });

デバイストークンの取得

ユーザーのデバイストークンを取得する方法は、アプリケーション内でFirebase Cloud Messagingをセットアップし、デバイストークンをFirebaseに登録することです。

ユーザーがログインまたはアプリを起動する際に、デバイストークンを取得し、サーバーに送信できます。

まとめ

これらのステップに従うと、Node.jsサーバーからFirebase Cloud Messagingを使用してユーザーに通知を送信できます。通知の詳細は message オブジェクト内で指定します。

ユーザーごとに異なるデバイストークンを取得し、個別の通知を送信することができます。

URLをコピーしました!