スキルアップを始める!

【GAS】配列とは?Arrayオブジェクトについて – GoogleAppsScript

GAS(GoogleAppsScript)
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

配列とは?

配列とは、同じデータ型を複数個まとめたものです。配列を使うことで、複数のデータを一度に処理することができるようになります。

配列という箱の中に順番に値を入れていくようなイメージです。上記の場合はfruitという箱に順番に値を格納しています。

GASでの配列の作り方

GASでは、配列を作成するには、以下のように記述します。

let fruit = ['りんご', 'みかん', 'ばなな', 'すいか', 'いちご'];

この例では『’りんご’, ‘みかん’, ‘ばなな’, ‘すいか’, ‘いちご’』を要素とする配列が作成されます。配列の要素は、0から始まる連番で番号付けされています。

つまり、上記の例では、「りんご」が配列の0番目の要素、「みかん」が配列の1番目の要素、「ばなな」が配列の2番目の要素、「すいか」が配列の3番目の要素、「いちご」が配列の4番目の要素です。

配列の要素にアクセスするには、以下のように記述します。

let apple = fruit[0];

この例では、配列の0番目の要素であるりんごを取得し、変数appleに代入しています。

これで、変数appleには「りんご」が格納されます。

まとめ

配列を使うことで、変数を効率的に使うことができるようになります。

応用については、また次回。

URLをコピーしました!