URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

JSONデータとは?種類や基本的なフォーマットについて

JavaScript(ジャバスクリプト)


JSON(JavaScript Object Notation)は、軽量でデータ交換のためのテキストベースのデータ形式です。以下はJSONデータの基本的なフォーマットです。

オブジェクト(Object)

JSONデータは、中括弧 {} で囲まれたキーと値のペアの集まりで構成されます。キーと値はコロン : で区切られ、各ペアはカンマ , で区切られます。

{
    "キー1": "値1",
    "キー2": "値2",
    "キー3": "値3"
}

配列(Array)

JSONでは、角括弧 [] で囲まれた値のリストを表すことができます。要素はカンマ , で区切ります。

[
    "要素1",
    "要素2",
    "要素3"
]

データ型

JSONは、文字列(文字列はダブルクォートで囲まれます)、数値、真偽値(trueまたはfalse)、null(空値)などのデータ型をサポートしています。

{
    "文字列": "こんにちは",
    "数値": 42,
    "真偽値": true,
    "空値": null
}

ネスト(入れ子構造)

JSONでは、オブジェクトや配列を入れ子にすることができます。これにより、複雑なデータ構造を表現できます。例えば、オブジェクト内に別のオブジェクトを含むことができます。

{
    "ユーザ": {
        "名前": "太郎",
        "年齢": 25,
        "住所": {
            "都道府県": "東京",
            "市区町村": "渋谷"
        }
    },
    "趣味": ["読書", "スポーツ", "旅行"]
}

JSONオブジェクトでは、キーは必ず文字列でなければなりません。値は文字列、数値、真偽値、null、オブジェクト、または配列のいずれかです。

まとめ

JSONは広く利用され、ウェブ開発やAPI通信、設定ファイルの保存など、さまざまな用途で活用されています。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら