会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

アフォーダンス理論(Affordance)とは?シグニファイア(signifier)との違いは?

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

アフォーダンス理論(Affordance)とは?

アフォーダンス理論(Affordance)とは「動物(人)と物の間に存在する行為についての関係性」をあらわす言葉です。アメリカの知覚心理学者ジェームズ・J・ギブソンにより提唱されています。

例えば人物Aと扉について語るのであれば、Aはその扉を引いて開けるという選択肢がある。この選択肢が存在するという関係を「この扉とAには引いて開けるというアフォーダンスが存在する」あるいは「このドアが引いて開けるという行為をアフォードする」と表現するのである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9

ひとことで言うと「何か物(例えば扉)に対しての可能性があるアクション」のことを言います。

ノブなど何も無い扉があった場合に、「押す」「引く」「ノックする」「スライドする」「蹴破る」といった選択肢が出てきます。

これを「アフォーダンス」といいます。

シグニファイア(signifier)とは?

ここで、扉に「取っ手」が付くことで「取っ手を持って引くか押す」ことで扉が開くということが視覚的に分かります。

]

さらに、取っ手の横に「Push」と書いてあれば「押す」ということが分かります。

これが「シグニファイア(signifier)」です。

まとめ

今回はアフォーダンス理論(Affordance)とは?でした。ご参考ください😃

その他の心理学用語一覧はこちら▼

タイトルとURLをコピーしました