会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【画像の種類】画像の3種類のファイル形式と特徴について

PC(パソコン)
この記事は約2分で読めます。

画像ファイルには「jpg」「png」「gif」「raw」「tiff」…など、様々なファイル形式がありますが、今回はよく使われる3つの形式と特徴について解説します。

JPEG(ジェイペグ)形式

JPEG(ジェイペグ)とは画像形式のひとつで、写真や風景画などの色数やカラーの多い画像に適している形式です。

主に下記のような特徴があります。

  • 拡張子「jpg」
  • 背景透過はできない
  • 不可逆圧縮形式
  • データの容量が小さい
  • 1,677万色のフルカラーが扱える

Joint Photographic Experts Group」の略で「jpeg」または「jpg」と表記されています。

GIF(ジフ)形式

GIF(ジフ)とは画像形式のひとつで、WEB用に使われる画像のために準備された形式です。使えるカラーが256色となっているので、写真には適さず、シンプルなアニメーション画像に向いています。大きな特徴として画像をアニメーションさせることが出来るというメリットがあります。

  • 拡張子「gif」
  • 背景透過できる(半透明不可)
  • 可逆圧縮形式
  • 画質が劣化しない
  • データの容量が小さい
  • 256色が扱える

Graphics Interchange Format」の略でgifと表示されます。

PNG(ピング)形式

PNG(ピング)とは画像形式のひとつで、主にWEB用に使われる画像のために準備された形式です。主な特徴は「画質が劣化しない」という点です。ただしその分、情報量が多く、写真などの色数が多い画像はデータ容量が大きくなってしまうので、写真をpngにすると、WEB素材としては不向きになります。

半透明が使えるメリットや、可逆圧縮でフルカラーが使えるので、主にWEBのボタンやアイコン画像などに使われます。

  • 拡張子「png」
  • 背景透過できる(半透明可)
  • 可逆圧縮形式
  • 画質が劣化しない
  • データの容量が大きい
  • アニメーション可
  • 「8bit(PNG-8)256色」「24bit(PNG-24)フルカラー1677万色」の形式が使える

Portable Network Graphics」の略で「png」と表示されます。

まとめ

画像には、様々な画像形式・ファイル形式がありますが、よく使われる「jpg」「png」「gif」は抑えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました