お問い合わせ
    氏名

    メールアドレス

    件名

    お問い合わせ内容



    会員登録(無料)
    ログイン
    WordPressのスキルアップ!▶

    【Photoshop】チルトシフト|ミニチュア風色調補正テクニック|被写界深度

    Photoshop(フォトショップ)
    この記事は約2分で読めます。
    「ワードプレスで未来を変える!」
    誰でも挑戦できます!!
    【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して未来を変えたい!という方をお待ちしています↓↓
    詳細はこちら

    チルト・シフトレンズ

    一眼レフなどのレンズ交換式カメラに用いられる交換レンズの一種。レンズのチルト(傾けること)とシフト(平行移動)を行うことができる。
    ニコニコ大百科

    写真をミニチュア風に加工する方法です。

    スマートフィルター用に変換

    まずは、フィルター>スマートフィルター用に変換

    を選択します。

    再編集可能なスマートフィルターを使用するために、選択したレイヤーはスマートオブジェクトに変換されます。

    OKを押します。

    スマートオブジェクトに変換されました。

    チルトシフト

    フィルター>ぼかしギャラリー>チルトシフト

    被写界深度(ひしゃかいしんど)が浅い状態の写真が完成です。

    被写界深度(ひしゃかいしんど:Depth of field(DOF))

    写真の焦点が合っているように見える被写体側の距離の範囲のこと。写真用レンズにおいては、ある一つの設定で厳密な意味でピントが合っている場所は、一つの平面上にしかないが、一定の許容量を認めることでその前後にも十分にはっきりと像を結んでいるといえる範囲があります。その範囲のこと。

    被写界深度が深いと、近景から遠景まですべてピントが合って見えます。 逆に、被写界深度を浅くして、主役のみにピントを当て、背景や前景をぼかす写真表現もある。これをボケ表現といいます。

    色相・彩度

    あとは、色相・彩度で調整します。

    完成

    元の写真が・・・

    ミニチュア風に変わりました!

    簡単ですので、お試し下さい(^ ^)

    詳細はこちら
    タイトルとURLをコピーしました