スキルアップを始める

Next.jsでGenerateSWプラグインを使用する|workbox-webpack-plugin(PWA化)

PWA(プログレッシブウェブアプリ)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

GenerateSWプラグインを使用する

Next.jsでGenerateSWプラグインを使用してService Workerを構築する場合、以下の手順を実施できます。

これにより、Progressive Web App(PWA)機能をNext.jsプロジェクトに追加できます。

必要なパッケージのインストール

必要なパッケージをインストールします。プロジェクトのルートディレクトリで以下のコマンドを実行してください。

npm install workbox-webpack-plugin

カスタムのWebpack設定を追加

Next.jsでは、Webpackのカスタマイズが可能です。次のようにnext.config.jsにWebpack設定を追加します。

[rml_read_more]

const { GenerateSW } = require('workbox-webpack-plugin');

module.exports = {
  webpack: (config) => {
    config.plugins.push(
      new GenerateSW({
        // オプションをここに追加します
      })
    );

    return config;
  },
};

この設定により、ビルド時にService Workerファイルが生成されます。

Service Workerの登録

Service Workerをクライアントサイドで登録する必要があります。通常、publicフォルダ内か_app.jsファイル内で以下のようなコードを追加します。

if ('serviceWorker' in navigator) {
  window.addEventListener('load', function() {
    navigator.serviceWorker.register('/service-worker.js').then(
      function(registration) {
        // 登録成功
      },
      function(err) {
        // 登録失敗
      }
    );
  });
}

注意事項

Service WorkerとPWAの機能はブラウザによって異なりますので、対象となるブラウザでテストを行うことが重要です。

また、Next.jsにはnext-pwaというPWAを簡単に追加できるパッケージも存在します。このライブラリを使用すると、設定がよりシンプルになる場合があります。

まとめ

詳細な設定と要件に応じて、GenerateSWプラグインのオプションをカスタマイズすることも可能です。

以上の手順で、Next.jsプロジェクトにService Workerを追加してPWA機能を実装することができます。ご参考ください。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら