スキルアップを始める

【Googleスプレッドシート】QUERY関数|クエリ一覧Part2(WHERE句)

Googleスプレッドシート
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

QUERY関数で範囲からデータを抽出できる

QUERY関数とは「Google Visualization API のクエリ言語を使用して、データ全体に対するクエリを実行します」。

QUERY(データ, クエリ, [見出し])

以前もご紹介しましたが、クエリを使って、実際に使って試していきたいと思います。

今回は東京都オープンデータカタログサイトから、東京都卸売市場日報(販売予定数量・花き)のデータを使ってデータ抽出をしてみたいと思います。

WHERE(条件指定)

whereを使うと「条件指定」ができます。下記の場合、F列が「スプレー菊」のデータのみが抽出されます。

=query(estimate_quantity_flower!A2:K,"select * where F = 'スプレー菊'")

F列が「スプレー菊」のデータのみが抽出されました!

WHERE AND(複数条件指定)

WHERE ANDとすると、複数の条件(○○かつ○○)を指定できます。

=query(estimate_quantity_flower!A2:K,"select * where B='板橋' and F='スプレー菊'")

B列が「板橋」かつF列が「スプレー菊」のデータのみが抽出されました!

WHERE OR(複数条件指定)

WHERE ORとすると、複数の条件(○○または○○)を指定できます。

=query(estimate_quantity_flower!A2:K,"select * where B='板橋' or B='スプレー菊'")

B列が「板橋」またはF列が「スプレー菊」のデータが抽出されました!

[rml_read_more]

WHERE AND OR(複数条件指定・複合)

このANDとORを組み合わせてみます。

=query(estimate_quantity_flower!A2:K,"select * where (B='板橋'or B='大田') and F='スプレー菊'")

whereの後にカッコでor条件をくくって、その後にand条件をつないでいます。

これで、B列が「板橋」または「大田」かつF列が「スプレー菊」のデータが抽出されました!

orとandの複合条件でも色々とできそうです。

まとめ

このような感じで「クエリ関数」を使うことで様々な条件でデータを抽出することができます!

今回はWHERE句を使ってクエリで抽出しました。次回は別のパターンのクエリで抽出してみたいと思います!ご参考下さい😃

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら