URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

SSL(Secure Socket Layer)とは?プロトコルの情報暗号化技術について

Web(ウェブ技術関連)

SSL(Secure Socket Layer)とは?

SSLとは、インターネット上で情報をやりとりする時に、情報を暗号化することで安全に送受信するための仕組みです。Secure Sockets Layerの略称で「SSL」と呼ばれています。

クライアント(Webブラウザなど)とサーバー(Webサイトなど)の間で、暗号化された通信路を確立し、通信内容を暗号化して送受信します。

SSL化されたサイトは、このように鍵付きのアイコンで表示できます。

プロトコルと呼ばれる「http://」の部分を「https://」という状態で、WEBサイトを表示できるようになります。

SSLの必要性

[rml_read_more]

具体的には、SSLによってデータは暗号化され、暗号化されたデータは、第三者に傍受されても、復号化されない限り意味のある情報を持たなくなります。また、SSLには認証機能もあり、通信相手が本当に正しい相手かどうかを確認することができます。

例えば、お金を扱うサイトや、個人情報を入力するサイトなどで使われます。暗号化することで、誰かに盗まれても中身を読まれたり、勝手に情報を書き換えられたりすることを防ぐことができます。

普段使っているWebサイトのアドレスを見ると、”https”という文字が含まれている場合、そのサイトではSSLが使われているということです。

まとめ

以上がSSLについての簡単な説明です。

なお、SSLは現在、TLS(Transport Layer Security)という名前で改良されたバージョンが使用されており、より高度な暗号化技術を利用しています。

ご参考ください。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら