スキルアップを始める!

【JavaScript】オブジェクト・プロパティ・メソッド・値について

JavaScript(ジャバスクリプト)
この記事は約5分で読めます。
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

今回はJavaScriptの基本、オブジェクト・プロパティ・メソッドについて見ていきます。

オブジェクトとは?


JavaScript のオブジェクトは、データとメソッドをまとめたものです。オブジェクトは、変数や関数などのプロパティの集合です。オブジェクトは、オブジェクトを定義するときに、プロパティを指定することで作成できます。

例えば、次のようなオブジェクトを作成することができます。

const person = {
  name: "John Doe",
  age: 30,
  job: "Software Engineer"
};

このオブジェクトは、3 つのプロパティを持っています。name プロパティは、John Doe という文字列を保持しています。age プロパティは、30 という数字を保持しています。job プロパティは、Software Engineer という文字列を保持しています。

オブジェクトのプロパティは、アクセスしたり、変更したりすることができます。例えば、次のコードは、person オブジェクトの name プロパティに “Jane Doe” という文字列を代入しています。

person.name = "Jane Doe";

次のコードは、person オブジェクトの age プロパティの値を 1 増やしています。

person.age++;

オブジェクトは、JavaScript でデータとメソッドを管理するための強力なツールです。オブジェクトをうまく活用することで、コードをより効率的に記述することができます。

プロパティとは?

JavaScriptプロパティとは、オブジェクトの属性です。プロパティは、名前と値のペアで構成されます。名前は、プロパティにアクセスするために使用される文字列です。値は、プロパティに格納されるデータです。

プロパティの値は、文字列、数値、オブジェクト、配列、関数など、任意のデータ型にすることができます。

プロパティは、オブジェクトの作成時に定義することができます。また、オブジェクトの作成後に、プロパティを追加したり、削除したりすることができます。プロパティにアクセスするには、プロパティの名前を使用します。

プロパティの値を取得するには、プロパティの名前に「.」演算子を付けて、値を取得したいプロパティの名前を指定します。

次のコードは、オブジェクトに「name」プロパティと「age」プロパティを定義し、プロパティの値を取得および設定する方法を示しています。

var person = {
  name: "John Doe",
  age: 30
};

console.log(person.name); // John Doe

person.age = 31;

console.log(person.age); // 31

プロパティは、JavaScriptでオブジェクトを操作するために非常に重要な概念です。プロパティを使用して、オブジェクトにデータを格納したり、オブジェクトからデータを取得したりすることができます。

メソッドとは?


JavaScript のメソッドは、オブジェクトに関連付けられた関数です。メソッドは、オブジェクトのプロパティにアクセスしたり、変更したりするために使用できます。

メソッドは、オブジェクトを定義するときに、プロパティに function キーワードを付けることで作成できます。

例えば、次のようなメソッドを作成することができます。

const person = {
  name: "John Doe",
  age: 30,
  job: "Software Engineer",
  sayHello: function() {
    alert("Hello, my name is " + this.name);
  }
};

このオブジェクトは、sayHello というメソッドを持っています。sayHello メソッドは、alert() 関数を使用して、オブジェクトの name プロパティの値を表示します。

メソッドは、オブジェクトのプロパティにアクセスしたり、変更したりするために使用できます。例えば、次のコードは、person オブジェクトの sayHello メソッドを呼び出しています。

person.sayHello();

このコードは、alert() 関数を使用して、”Hello, my name is John Doe” という文字列を表示します。

メソッドは、JavaScript でオブジェクトを操作するための強力なツールです。メソッドをうまく活用することで、コードをより効率的に記述することができます。

値とは?

値とは、変数やプロパティに格納されるデータのことであり、オブジェクトのプロパティに格納される情報や、メソッドが返す値などが該当します。

値は、数値や文字列などの基本的な型だけでなく、オブジェクト型や配列型なども含まれます。

オブジェクト、プロパティ、メソッド、値の例

以下は、オブジェクト、プロパティ、メソッド、値の例です。

[rml_read_more]

// オブジェクトの定義
let person = {
  name: "太郎",
  age: 30,
  // メソッドの定義
  sayHello: function() {
    console.log("こんにちは、私は" + this.name + "です。");
  }
};

// プロパティのアクセス
console.log(person.name); // 太郎
console.log(person.age); // 30

// メソッドの呼び出し
person.sayHello(); // こんにちは、私は太郎です。

上記の例では、personというオブジェクトを定義し、nameageといったプロパティを持たせています。また、sayHelloというメソッドも定義しています。

このオブジェクトのプロパティやメソッドには、ドット記法(.)やブラケット記法([])を使ってアクセスできます。

例えば、person.name太郎という値を返し、person.sayHello()は「こんにちは、私は太郎です。」という文字列をコンソールに出力します。

まとめ

今回はJavaScriptの基本、オブジェクト・プロパティ・メソッドについて見ていきました。

ぜひ抑えておきましょう。

URLをコピーしました!