スキルアップを始める

クッキー(Cookie)の仕組みについて – 作成や設定方法を解説

person using macbook pro on brown wooden table Web(ウェブ技術関連)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

クッキー(Cookie)とは?

クッキー(Cookie)は、ウェブブラウジング体験を向上させるための小さなデータの断片です。ウェブサイトがクライアントのウェブブラウザに情報を保存し、後で同じウェブサイトを訪れたときにその情報を取得するために使用されます。

以下に、クッキーの仕組みについて詳しく説明します。

クッキーの作成

クッキーはウェブサイトのサーバーからクライアントのブラウザに送信され、ブラウザ内に保存されます。

クッキーは通常、テキストファイルとして保存され、ウェブサイトの設定、状態、またはユーザーの情報を含むことがあります。

クッキーの設定

クッキーを設定するには、document.cookie を使用します。以下は、クッキーを設定する基本的な方法です。

document.cookie = "cookieName=cookieValue; expires=指定の有効期限; path=クッキーが有効なパス;";

例えば、クッキー名を “testName” 、値を “testValue” 、有効期限を一週間後としたい場合、以下のようになります。

var expirationDate = new Date();
expirationDate.setDate(expirationDate.getDate() + 7); // 有効期限を一週間後に設定
document.cookie = "testName=testValue; expires=" + expirationDate.toUTCString() + "; path=/";

クッキーの取得

クッキーを取得するには、document.cookie を読み取り、必要な情報を抽出します。

var allCookies = document.cookie;

この方法で取得したクッキー情報は、セミコロンで区切られています。したがって、必要なクッキーを抽出するには文字列操作を行う必要があります。

例えば、”username” クッキーの値を取得する場合:

function getCookie(name) {
    var cookieArray = document.cookie.split('; ');
    for (var i = 0; i < cookieArray.length; i++) {
        var cookie = cookieArray[i].split('=');
        if (cookie[0] === name) {
            return cookie[1];
        }
    }
    return null; // クッキーが見つからない場合
}

var username = getCookie("username");

クッキーの削除

クッキーを削除するには、有効期限を過去の日付に設定します。これにより、ブラウザはクッキーを削除します。

例えば、”username” クッキーを削除する場合。

document.cookie = "username=; expires=Thu, 01 Jan 1970 00:00:00 UTC; path=/";

これらのステップを組み合わせることで、JavaScriptを使用してクッキーを設定、取得、および削除できます。ただし、セキュリティとプライバシーに関する考慮事項がありますので、重要な情報を扱う際には慎重に操作してください。

クライアントの要求

クライアント(ユーザーのブラウザ)がウェブサイトにアクセスするたび、そのウェブサイトに関連付けられたクッキーも一緒にサーバーに送信されます。

これにより、ウェブサイトはユーザーを識別し、以前の設定や情報を取得できます。

サーバーの応答

サーバーは、クライアントから送信されたクッキーを読み取り、必要な情報を提供します。

これにより、ウェブサイトはユーザーの設定やログイン情報を保存し、パーソナライズされた体験を提供できます。

クッキーの有効期限

クッキーは通常、有効期限を持っており、一定の期間後に自動的に削除されます。

有効期限はクッキーを作成するときに設定され、セッションクッキー(ブラウザを閉じると削除されるもの)や永続的なクッキー(指定された期間内で削除されないもの)などがあります。

セキュリティとプライバシー

クッキーはセッション情報やユーザー設定を保存するのに便利ですが、プライバシーの懸念もあります。

一部のクッキーはユーザーの行動を追跡するために使用され、プライバシー問題となることがあります。したがって、法律に基づく規制がある場合があります。

クッキーの制御

ブラウザは、クッキーの受け入れを無効化したり、特定のウェブサイトからのクッキーのみを受け入れたりする設定を提供しています。

ユーザーはブラウザの設定でクッキーの制御を行うことができます。

まとめ

ウェブ開発者は、クッキーを使用してユーザーエクスペリエンスを向上させたり、ウェブサイトのパーソナライズを実現したりできます。しかし、プライバシーとセキュリティには十分な配慮が必要です。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら