スキルアップを始める

Shift-JIS(シフト・ジス)とは?文字コードの基本について

Web(ウェブ技術関連)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!


Shift JIS(シフト・ジス)は、主に日本語の文字をエンコードするための文字コードの一つです。以下に、Shift JISに関する詳細を述べます。

開発と歴史

Shift JISは、主に日本のコンピュータメーカーであるNECが提唱し、Microsoftが標準として採用した文字コードです。

主に1980年代に開発され、広く普及しました。

文字エンコード方式

Shift JISは、半角英数字と日本語の漢字、ひらがな、カタカナを含む広範な文字セットをエンコードするための方式です。

一部の文字は半角で表現され、一部は全角で表現されます。

エンコード方式の特徴

Shift JISは、2バイト文字(全角文字)と1バイト文字(半角文字)の混在するマルチバイトエンコーディング方式です。

日本語のほとんどの文字は2バイトで表現され、英数字や記号などは1バイトで表現されます。

漢字のエンコード

Shift JISでは、JIS X 0208と呼ばれる標準で定義された漢字のエンコードが採用されています。

漢字の一部はNEC特有の追加文字として存在しています。

利用分野

Shift JISは、主に日本のコンピュータシステム、ソフトウェア、ウェブページなどで広く使用されています。

国際的なコミュニケーションやテキスト処理においてUnicodeが広く利用されるようになったため、最近のシステムではUnicodeが主流となっています。

まとめ

Shift JISは、日本国内での歴史的な理由から一部で使われ続けていますが、国際的な文脈での利用ではUnicodeが推奨されています。Unicodeは、世界中の文字を統一的に扱うことができるため、グローバルなテキスト処理に適しています。

Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら