スキルアップを始める

【Windows】Fnキーが無いキーボードで音量をショートカットで調整する便利な方法

Windows(ウィンドウズ)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

Fnキーがないキーボードで音量をショートカットで調整する方法です。

ショートカットを作成する

まずは、デスクトップに音量のショートカットアイコンを作成します。

%windir%\System32\SndVol.exe -f 49825268

ショートカットに名前を設定します。

コマンド %windir%\System32\SndVol.exe -f 49825268 は、Windowsの音量ミキサーを指定のデバイス(この場合は 49825268)にフォーカスさせるためのものです。

このコマンドを実行すると、Windowsの音量ミキサーが開かれ、指定したデバイスの設定が表示されます。これにより、特定のデバイスの音量を直接調整できるようになります。

ホットキー(ショートカット)の設定

プロパティにショートカットキーを設定します。

例えば「Ctrl+Num9」を設定します。キーが正常に入力されたら、「適用」または「OK」をクリックして変更を保存します。

ショートカットキーで音量調整が開きました!

あとはキーボードの矢印キーで音量調整できます。

まとめ

これで、「Ctrl+Num9」のショートカットキーが指定したプロパティに割り当てられます。ショートカットキーを使用すると、そのプロパティが素早くアクセスできるようになります。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら