お問い合わせ
    氏名

    メールアドレス

    件名

    お問い合わせ内容



    会員登録(無料)
    ログイン
    スキルアップは今すぐこちら!▶

    【WordPress】dns-prefetch|自動挿入されるDNSプリフェッチコード

    WordPress(ワードプレス)
    この記事は約2分で読めます。

    DNSプリフェッチコード

    <link rel="dns-prefetch" href="//s.w.org">

    DNSプリフェッチ(DNS prefetching、DNS prefetch)

    Webブラウザーやアプリケーションのリンク指定されたドメイン名を事前に名前解決する方法。

    アクセスされる可能性の高いドメイン名を事前に名前解決しておくことで、実際にアクセスされた際のコンテンツ読み込みにかかわる時間の短縮ができます。

    DNSプリフェッチを使うと、サイトから他サイトのドメインへ移行するときのウェブページ読み込み速度を早めることができます。

    外部ドメインへの参照リンクがあったり、リダイレクトしている場合に有効です。

    DNSプリフェッチを削除する方法

    もし不要だということであれば、削除するというのもひとつの方法だと思います。

    下記のコードをfunctions.phpに追加します。

    add_filter( 'wp_resource_hints', 'remove_dns_prefetch', 10, 2 );
    function remove_dns_prefetch( $hints, $relation_type ) {
    	if ( 'dns-prefetch' === $relation_type ) {
    		return array_diff( wp_dependencies_unique_hosts(), $hints );
    	}
    	return $hints;
    }

    これでDNSプリフェッチを削除できます!

    ご参考下さい(^o^)

    0 件のコメント

    コメント
    タイトルとURLをコピーしました