763万 キーワード

2021年 検索パフォーマンス

57.8万 ユーザー

2021年 訪問ユーザー数

WordPressのスキルアップはこちら!▶[click]

【WordPress】投稿のリビジョンを1クリックで一気に削除する超便利プラグイン|WP-Optimize

WordPress(ワードプレス)
この記事は約2分で読めます。
スキルアップで未来を変える!!
情熱があれば【誰でも】挑戦できます!
ここからSTART↓

WordPressのリビジョン(保存履歴)がデータベースに溜まる

WordPressで投稿の更新を連打していると、過去のリビジョン(保存履歴)がどんどん溜まっていって、データベースが肥大化していきます。

気がつけば、エクスポートファイルも46MB以上になっています・・・。

・・・で、過去リビジョンを使って投稿をロールバックした経験がほとんどない(というより修正して戻す)のでデータベースを削減するためにリビジョンを一気に削除したいと思ってしまった今日このごろです。

そんなに過去に戻ることが・・・無い。

そこで、超便利なプラグインが「WP-Optimize」です。※実行前に、WordPress本体及びデータベースは、事前に必ずバックアップを取りましょう。何か問題があったり不具合があった場合に、二度と復元できなくなります

WP-Optimize

まずはプラグインの新規追加から検索で「WP-Optimize」と検索すると、プラグインが出てきます。

インストールして有効化すると、左側のメニューに「WP-Optimize」のメニューが追加されます。

すべての投稿リビジョンをクリーン

「すべての投稿リビジョンをクリーン」の右側の「最適化を実行する」ボタンをクリックします。

すべての投稿リビジョンが削除されました!ワンクリックで完了です!

データベーステーブルの最適化

「データベーステーブルの最適化」も「最適化を実行する」ボタンをクリックすることで、データベーステーブルが最適化されます。詳しく何が最適化されるのか分かっていないので、大丈夫かな?という感じであれば、押さない方が無難かと思います・・・!

これで、リビジョンが全部削除されました!

エクスポートのファイルサイズは一緒?

エクスポートファイルのサイズが変わるのかな・・・?と思いましたが、こちらはサイズが変わらないどころか、少し増えました。どうやら、エクスポートにはリビジョンは含まれていない・・・?ようです。(よく考えたらxml内にはリビジョンは無かったですね・・・)

まとめ

とはいえ約8000ものリビジョンが削除できたのでデータベースは軽量化できたかと思います。

WP-Optimizeプラグインを使えば簡単にリビジョンを削除できますので、ぜひお試しください😃※一度削除すると二度と復元できないのでバックアップは必須です。もし不安であればプラグインは実行しないほうがいいかと思われます。

Loading
「ワードプレスで未来を変える!」
【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して人生を変えたい!!という方をお待ちしています↓↓
WordPress(ワードプレス)
EGUWEB
タイトルとURLをコピーしました