スキルアップを始める!

効果的なブログの書き方の参考になる10のフレームワーク

WordPress(ワードプレス)
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

ブログを書くときには、以下のようなフレームワークが役立つことがあります。

PREPフレームワーク

Point(ポイント)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(ポイント)の4つの要素を順に並べ、読者に伝えたいことをわかりやすく伝える方法です。

PREPフレームワークは、プレゼンテーションを行う際に効果的なコミュニケーション手法として知られています。

PREPとは、以下のような意味を持つ単語の頭文字をとったものです。

  • Point: プレゼンテーションの中心となるポイントを明確にする
  • Reason: ポイントをサポートする理由を示す
  • Example: 理由を具体的な例で裏付ける
  • Point: 再度、プレゼンテーションのポイントをまとめる

PREPフレームワークは、ポイントを中心に話をまとめることで、聴衆に理解しやすく、印象に残るプレゼンテーションを行うことができます。また、理由や例を交えることで、聴衆が納得しやすい説得力のあるプレゼンテーションを作ることができます。

PREPフレームワークを使ったプレゼンテーションは、スライドの構成や話し方など、細かな部分まで考慮することで、より効果的なものになるでしょう。

4MATシステム

Why(なぜ)、What(何)、How(どうやって)、What If(もしも)の4つの要素に沿って、記事の情報を整理し、読者にとって理解しやすくする手法です。

  1. Why(なぜ):学習者がなぜこの学習をする必要があるのかを理解することが重要です。このフェーズでは、学習者に学習の目的や重要性を明確に伝えることが求められます。
  2. What(何):学習者が何を学ぶのかを明確にすることが重要です。このフェーズでは、教材の内容や目標を明確に伝えることが求められます。
  3. How(どうやって):学習者がどのように学習するかを理解することが重要です。このフェーズでは、教材をどのような方法で伝えるか、学習者がどのように関与するか、どのようにフィードバックを受けるかなど、学習プロセスを詳細に計画することが求められます。
  4. What If(もしも):学習者が学習内容をどのように応用できるかを考えることが重要です。このフェーズでは、学習内容を実際の現場でどのように応用できるか、どのような問題が発生する可能性があるか、など、シミュレーションを通じて学習者に応用力を身に付けることが求められます。

FABフレームワーク

Features(特徴)、Advantages(利点)、Benefits(メリット)の3つの要素を順に取り入れ、商品やサービスの魅力を伝える手法です。

  1. Features(特徴):製品やサービスの特徴を明確にすることが重要です。製品やサービスの仕様や機能などを具体的に説明し、顧客がどのような価値を得られるのかを示すことが求められます。
  2. Advantages(利点):製品やサービスの特徴を顧客にとっての利点に転換することが重要です。製品やサービスの特徴が顧客にとってどのような利益をもたらすのかを明確に示し、顧客がどのように役立つかを説明することが求められます。
  3. Benefits(メリット):顧客にとっての最終的なメリットを明確にすることが重要です。製品やサービスが顧客にとってどのような価値を提供するのかを具体的に説明し、顧客の問題やニーズを解決するためにどのように役立つかを示すことが求められます。

FABフレームワークは、製品やサービスのマーケティング戦略の中で、顧客にとっての価値提供を実現するための重要なツールとなっています。

3Hフレームワーク

Headline(タイトル)、Hook(引きつける)、Hold(興味を保つ)の3つの要素を意識して記事を作成し、読者に訴求力のある内容を提供する方法です。

  1. Headline(タイトル):タイトルは、コンテンツを読んでもらうために非常に重要です。タイトルは、コンテンツの概要を簡潔に表現し、読者の興味を引くことが求められます。
  2. Hook(引きつける):Hookは、読者の興味を引きつけ、コンテンツを読んでもらうための工夫です。具体的には、問いかけや驚きの事実、感情に訴えるストーリーなど、読者を引きつけるような内容を盛り込むことが求められます。
  3. Hold(興味を保つ):Holdは、読者の興味を保つための工夫です。読者がコンテンツを読み進めるためには、情報をわかりやすく説明したり、具体例や図表などで視覚的に示したりすることが求められます。また、読者に対して、自分自身との共感を促すような表現を使うことも重要です。

Headline、Hook、Holdの工夫を盛り込んだコンテンツは、読者の興味を引きつけ、読者に価値を提供することができます。また、コンテンツがシェアされたり、バイラル効果が生まれることもあり、コンテンツマーケティングにおいて重要な役割を果たします。

7つの基本感情

喜び、驚き、恐れ、悲しみ、怒り、嫌悪、興奮という7つの基本感情に沿って、読者の感情を揺さぶる記事を作成する手法です。

パッセル法

[rml_read_more]

Problem(問題)、Agitate(悪化)、Solve(解決)、Explain(説明)、Lead(案内)の5つの要素を順に取り入れ、読者の問題を解決する記事を作成する方法です。

AIDAモデル

Attention(注意を引く)、Interest(興味を持たせる)、Desire(欲求を刺激する)、Action(行動を促す)の4つの要素を順に取り入れることで、読者にとって魅力的な記事を作り出す手法です。

PASモデル

Problem(問題)、Agitation(悩み)、Solution(解決策)の3つの要素を順に並べ、読者に問題意識を持たせ、その解決策を提供する方法です。

5W1Hフレームワーク

Who(誰が)、What(何が)、When(いつ)、Where(どこで)、Why(なぜ)、How(どのように)の6つの要素に沿って、記事の情報を整理する手法です。

スタート・アップ法

Situation(状況)、Task(タスク)、Action(行動)、Result(結果)、Takeaway(教訓)の5つの要素を順に並べ、自分が体験した出来事や学びを共有する手法です。

まとめ

これらのフレームワークを使うことで、ブログ記事をよりわかりやすく、読み手にとって興味深いものにすることができます。

ただし、フレームワークはあくまでもガイドラインであり、柔軟にアレンジしながら、独自性のある記事を作成することが大切です。

URLをコピーしました!