お問い合わせ

    氏名

    メールアドレス

    件名

    メッセージ本文



    763万 キーワード

    2021年 検索パフォーマンス

    57.8万 人が訪問

    2021年 訪問ユーザー数

    WordPressのスキルアップはこちら!▶[click]
    いま、どうしてる? 誰でも検索できます

    【GAS】LINE Official Accountにメッセージが届いた時にメールアドレス宛にメッセージが届いたことをメール通知させる|Webhook

    GAS(グーグルアップススクリプト)
    この記事は約4分で読めます。
    「ワードプレスで未来を変える!」
    誰でも挑戦できます!!
    【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して未来を変えたい!という方をお待ちしています↓↓

    GASを使って「メールアドレスにメッセージが届いた時にLINE Official Accountにメッセージを通知させる」・・・という内容は過去に書きましたが、逆にGASを使って「LINE Official Accountにメッセージが届いた時にメールアドレス宛にメッセージが届いたことをメールで通知」させる方法について書いてみたいと思います。

    LINEからメッセージが届く→メールで通知する。

    LINE Official Account開設

    まずは、通知させるための「LINE Official アカウント」が必要です。

    LINE公式アカウントをはじめましょう|LINE for Business
    LINE公式アカウントをはじめましょう。ユーザーの生活に密着したLINEならではのマーケティングソリューションにより、企業・店舗と顧客とのつながりを強化します。

    Botモード

    また、前提としてはLINE Official Accountが「Botモード」である必要があります(これはおいおい仕様が変わるかもしれませんので何ともですが現状はBotモードのみのようです。)

    XXXXはLINEアカウントID
    https://manager.line.biz/account/@XXXXX/setting/response

    GASファイル作成

    では・・・GASを作成していきます。

    今回はGoogleスプレッドシートは使いませんので、スタンドアロンでもコンテナバインドスクリプトでも、どちらでも大丈夫です。(スタンドアロン・・・?という方は過去の記事をご参考ください)

    まずは、メール送信に必要な情報と、LINE通知のアクセストークン(送信に使う暗号のような感じのもの)用の変数を準備します。

    let from_address="from@exmple.com"; //送信元アドレス
    let to_address="to@exmple.com"; //送信先アドレス
    let mail_title; //件名用
    let mail_message; //メッセージ本文用
    let ACCESS_TOKEN  = ["XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"]; //アクセストークンが入る

    Channel access token取得

    下記のページからAPIに接続するためのアクセストークンを取得します。

    messaging-api
    https://developers.line.biz/console/channel/XXXXXXXXXX/messaging-api

    アクセストークンが発行されますので、こちらのトークンを使います。

    doPost関数

    doPost関数を入れて、メッセージの送信があった時にGAS側がデータを受け取れるようにします。

    //メッセージが送信された時にPOSTされて動き出す
    function doPost(e){
    }

    デプロイ(WEBアプリケーション)する

    GASで作成したアプリケーションをWEBアプリケーション化させます。

    ウェブアプリを選択します。

    アクセスできるユーザーは自分のみだと自分しか使えないので、「全員」にしておきます。

    デプロイしたらURLが発行されます。こちらがメッセージが送信された際にWebhookで受け取るURLとなります(URLが第3者に見られないよう注意が必要です。)

    WEBアプリURL(XXXX)
    https://script.google.com/macros/s/XXXXXXXXXXXXXXX/exec

    Webhook URLに接続する

    あとは、Messaging APIのWebhook URLにGASでデプロイしたURLを設定します。

    設定
    https://manager.line.biz/account/@XXXXXX/setting/messaging-api

    接続完了

    これで、LINE Official Accountにメッセージが届いた時にWebhookを使ってメールを送信させることができる(下準備)が完成しました。

    ここから、メールが届く仕掛けを設定していきます!

    長くなりましたので、ひとまずここまで。

    つづきはまた、次回!😃

    Loading
    タイトルとURLをコピーしました