スキルアップを始める!

【GAS】2次元配列(二次元配列)の変数を作成してデータを取得する

GAS(GoogleAppsScript)
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

2次元配列とは?

2次元配列とは、1次元配列の要素として1次元配列を持つデータ構造です。2次元配列を使うことで、行列やグリッドのようなデータを表現することができます。

例えば、3行4列の2次元配列を用意するには、以下のように宣言します。

const array = [['A1', 'B1', 'C1'], ['A2', 'B2', 'C2'], ['A3', 'B3', 'C3'], ['A4', 'B4', 'C4']];

表に置き換えると、このようなイメージです。

この2次元配列であれば、array[0][0]からarray[3][2]までの要素を持つことができます。

2次元配列のコード例

function twoDimensionalArray() {
const ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
const sheet = ss.getSheetByName("シート1");
const array = [['A1', 'B1', 'C1'], ['A2', 'B2', 'C2'], ['A3', 'B3', 'C3'], ['A4', 'B4', 'C4']];
Logger.log(array);
Logger.log(array[0][0]);
Logger.log(array[3][2]);
}

情報	[[A1, B1, C1], [A2, B2, C2], [A3, B3, C3], [A4, B4, C4]]
情報	A1
情報	C4

2次元配列を使って、行列のようなデータを扱うことができ、データを効率的に扱うことができます。

まとめ

スプレッドシートを扱う際には2次元配列(行列データ)を操作することも多いかと思いますので、2次元配列の基本を抑えておきましょう。応用については、また次回!

ご参考ください。

URLをコピーしました!