スキルアップを始める

【GAS】WEBフォームの送信時にチャットワークのルームにGASでメッセージを送信する(Part1)

GAS(GoogleAppsScript)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう


申し込みフォームなどの送信時に、Google Apps Scriptを使用してChatWorkのルームにメッセージを送信する手順を説明します。以下にステップバイステップのガイドを示します。

チャットワークAPIトークンを取得する

まずは「チャットワークAPIトークン」と呼ばれるAPIトークンが最初に必要になります。

利用申請ページから、新しいAPIトークンを取得します。

こちらを控えておきます。※とても重要なデータなので取り扱いにはご注意ください。

GoogleAppsScriptを作成する

GoogleAppsScriptを作成します。まずは、新規のGoogleスプレッドシートを準備します。

Apps Scriptから新規のスクリプトを作成します。

ライブラリを追加する

次に、スクリプトにライブラリを追加します。ライブラリとは、プログラムを1から作ると大掛かりな事になる部分を、共通のプログラムとして準備されたものです。

GitHub - cw-shibuya/chatwork-client-gas: Chatwork Client for Google Apps Script
Chatwork Client for Google Apps Script. Contribute to cw-shibuya/chatwork-client-gas development by creating an account ...

作ってくださっている方に感謝です。

スクリプトIDからライブラリを追加します。

1nf253qsOnZ-RcdcFu1Y2v4pGwTuuDxN5EbuvKEZprBWg764tjwA5fLav

ライブラリが追加されました!

ChatWorkClientライブラリが追加されたので、これでチャットルームにメッセージを送信したり、タスクを追加できるようになります。

sendChatWorkMessage

sendChatWorkMessageといった名前の関数を作成して、下記のように構築します。

function sendChatWorkMessage() {
  const client = ChatWorkClient.factory(
    {
      token: 'APIを入力'
    }
  );
  client.sendMessage(
    {
      room_id: ルームID, body: '送信内容'
    }
  );
}

ルームIDは「ridXXXXXXXXX」のXXXXXXXXX部分です。

送信内容の部分に「テスト」といったテキストを設定して、GASを実行してみます。

スクリプトが実行されて、メッセージが送信されました!

まとめ

これで、Google Apps Scriptを使用してChatWorkのルームにメッセージを送信することができました。もし送信できない場合は、APIトークンやルームIDを正しく設定していることを確認してください。

また、APIの詳細や制限については、公式のChatWork APIドキュメントを参照してください。

次回は、フォーム送信時にスクリプトが実行されるようにしてみます。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら