スキルアップを始める

【GAS】Firebaseのデータを取得してスプレッドシートに書き込む(Part1)

GAS(GoogleAppsScript)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

Google Apps Script(GAS)を使用してFirebaseからデータを取得し、それをスプレッドシートに書き込みます。以下は、基本的な例です。

Google Apps Scriptプロジェクトの作成:

ログインしたら見れます

Firebase ライブラリの追加

  • スクリプトエディタで「リソース」 → 「ライブラリ」を選択します。
  • ライブラリのスクリプトIDに1JryqEPTfEfTQaIYU0CPjyPg0scGzqPg4-rWPTB9nsl0q-waS6ZLqARJGを入力します。
  • 「バージョン」は最新のものを選択します。
  • 「追加」ボタンをクリックしてライブラリを追加します。
1VUSl4b1r1eoNcRWotZM3e87ygkxvXltOgyDZhixqncz9lQ3MjfT1iKFw

これでFirestoreAppが使用できるようになります。

Firebaseからデータを取得する認証情報を設定する

function getFirestoreData() {
  var certification = {
    "email": "Your Project's Service Account", 
    "key": "Your Secret Key",
    "projectId": "Your Project ID"
  }

}

Firebase Firestoreの証明書に関する詳細な情報、サービスアカウントのメールアドレス、秘密鍵、プロジェクトIDなどを含むオブジェクトを設定します。

秘密鍵を生成すると、認証用ファイルがダウンロードされます。重要なファイルですので取り扱い要注意です。

[rml_read_more]

Cloud Firestore に格納されているデータを取得する

Firestore の認証情報の変数を使ってCloud Firestore に格納されているデータを取得します。

こちらは会員限定コンテンツです。

JSONデータらしき情報が取得できました。

データは、JSON形式のFirestoreドキュメントの配列で、各ドキュメントは、Firestoreデータベース内の特定のコレクションに格納されています。

[
  {
    "updateTime": "XXXX-XX-XXTXX:XX:XX.XXXXXXZ",
    "name": "projects/XXXXXXXX/databases/(default)/documents/token/XXXXXXXXXXXXXXXX",
    "createTime": "XXXX-XX-XXTXX:XX:XX.XXXXXXZ",
    "fields": {
      "token": {
        "stringValue": "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"
      }
    },
    "readTime": "XXXX-XX-XXTXX:XX:XX.XXXXXXZ"
  },
  // 他のドキュメントも同様の形式で続く
]

まとめ

これで、Firebaseからデータを取得することができました。次に、取得したJSONデータを使ってスプレッドシートに格納していきます。

つづく。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら