URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

【JavaScript】オブジェクト・プロパティ・メソッドについて

JavaScript(ジャバスクリプト)

オブジェクトとは

JavaScriptにおけるオブジェクトは、キーと値のペアの集合で構成されます。キーは文字列であり、値には任意のデータ型を使用できます。オブジェクトは、波括弧 {} 内にキーと値をカンマで区切って定義します。

例えば、以下のようにオブジェクトを定義できます。

const person = {
  name: "John",
  age: 30,
  isStudent: false
};

上記の例では、personオブジェクトに nameageisStudent の3つのプロパティが定義されています。

nameプロパティの値は "John"ageプロパティの値は 30isStudentプロパティの値は false となっています。

プロパティとは

プロパティの値にアクセスするには、ドット . を使って以下のように指定します。

console.log(person.name); // "John"
console.log(person.age); // 30
console.log(person.isStudent); // false

または、角括弧 [] を使用してプロパティの値にアクセスすることもできます。

オブジェクトのプロパティの値を変更するには、ドット . または角括弧 [] を使って以下のように指定します。

person.age = 40;
console.log(person.age); // 40

person["isStudent"] = true;
console.log(person["isStudent"]); // true

メソッドとは

また、オブジェクトにメソッドを定義することもできます。メソッドは、オブジェクト内に関数を定義し、プロパティに代入することで定義されます。

const person = {
  name: "John",
  age: 30,
  isStudent: false,
  sayHello: function() {
    console.log(`Hello, my name is ${this.name}.`);
  }
};

person.sayHello(); // "Hello, my name is John."

上記の例では、personオブジェクトに sayHello メソッドが定義されています。

sayHello メソッドは、this キーワードを使って name プロパティの値を参照しています。

this キーワードは、メソッドが属するオブジェクト自身を参照するために使用されます。

まとめ

オブジェクト・プロパティ・メソッドは、それぞれ上記のような関係になっています。

ぜひ使えるようになっておきましょう。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら