スキルアップを始める!

for文とは?コードブロックを繰り返し実行するためのループ処理について

JavaScript(ジャバスクリプト)
この記事は約2分で読めます。
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

JavaScriptのfor文は、指定された条件が偽になるまで、コードブロックを繰り返し実行するためのループです。主に、以下のように3つの部分に分かれています。

初期化式

初期化式 – ループが始まる前に一度だけ実行されます。通常、ループカウンタの初期化に使用されます。

for (let i = 0; ...; ...) {
    // ...
}

ここでは、iを0に初期化しています。

条件式

条件式 – この式がtrueを返す限り、ループは続行されます。falseが返されるとループは終了します。

for (...; i < 10; ...) {
    // ...
}

ここでは、iが10未満の間、ループが続行されます。

増分式

増分式 – 各繰り返しの最後に実行される式です。通常、ループカウンタを増減させるのに使われます。

for (...; ...; i++) {
    // ...
}
  1. ここでは、iを1増やすことでカウンタを更新しています。

これらの要素を組み合わせると、次のような典型的なfor文が構成されます。

for (let i = 0; i < 10; i++) {
    console.log(i);
}

この例では、iが0から始まり、9までインクリメントされます。各繰り返しで、iの値がコンソールに出力されます。

また、JavaScriptには他にもいくつかのforループのバリエーションがあります。

for…in文

for…in文: オブジェクトの各プロパティに対して繰り返しを行います。

for (let key in object) {
    // ...
}

for…of文

for…of文: 反復可能オブジェクト(Array、Map、Setなど)の各要素に対して繰り返しを行います。

for (let value of iterable) {
    // ...
}

これらのバリエーションは、特定のシナリオに応じて使い分けることができます。

まとめ

JavaScriptのfor文は、指定された条件が偽になるまで、コードブロックを繰り返し実行するための便利なループです。

つづきは、また。

URLをコピーしました!