URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

ホーソーン効果とは?種類や具体例について

Marketing(マーケティング)
\マーケティングのスキルアップはこちら!/ マーケティング入門読本

ホーソーン効果とは?

ホーソーン効果とは、人が「注目される」ことで成果を上げようと力を発揮する現象です。他人からのポジティブな注目は、自分の意識決定に大きく影響し、それによって自分の行動や結果が変わってくることは往々にしてあります。

ホーソーン効果は、1924年から1932年にかけて、アメリカの西部電気会社(Western Electric Company)のホーソン工場で行われた実験で発見されました。

この実験では、工場の作業効率を向上させるための調査が行われましたが、実験の結果、作業者の作業効率は、照明の明るさや休憩時間の長さなどの物理的要因を改善することでは向上せず、むしろ、労働者の周囲や上司が関心を高めることで向上することが判明しました。

ホーソーン効果の要因

この実験から、ホーソーン効果は、以下の3つの要因によって引き起こされると考えられています。

  • 期待効果
  • 集団意識効果
  • 心理的反応効果

期待効果

[rml_read_more]

期待効果:注目されることで、周囲からの期待に応えたいという心理が働く。

集団意識効果

集団意識効果:注目されることで、労働者同士の一体感や連帯感が高まり、協力して成果を上げようとする。

心理的反応効果

心理的反応効果:注目されることで、労働者のモチベーションややる気が高まる。

ホーソーン効果の活用例

例えば、ビジネスでは、社員のモチベーションを高めるために、表彰制度や目標管理制度などの導入が有効です。

また、教育では、生徒一人ひとりの成長を丁寧に観察し、その成長を認めることで、生徒の学習意欲を高めることができます。

スポーツでは、選手を称賛し、励ますことで、選手のパフォーマンスを向上させることができます。

ホーソーン効果の具体例

以下に、ホーソーン効果の具体例をいくつか挙げます。

  • スポーツ選手が、試合や大会で注目を集めると、普段以上に力を発揮する。
  • 新入社員が、上司や先輩から期待されると、仕事に意欲的に取り組む。
  • 生徒が、先生から褒められると、勉強に取り組むようになる。

このような例で、ホーソーン効果が活用できます。

まとめ

ホーソーン効果は、ビジネスや教育、スポーツなど、さまざまな場面で活用されています。ホーソーン効果をうまく活用することで、人々の行動や結果をより良い方向に導くことができます。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら