お問い合わせ

    氏名

    メールアドレス

    件名

    メッセージ本文



    763万 キーワード

    2021年 検索パフォーマンス

    57.8万 人が訪問

    2021年 訪問ユーザー数

    WordPressのスキルアップはこちら!▶[click]
    いま、どうしてる? 誰でも検索できます

    【Scratch(スクラッチ)】変数と乱数を使ってスプライトをランダム表示させる方法(乱数の発生)

    Scratch(スクラッチ・すくらっち)
    この記事は約2分で読めます。
    「ワードプレスで未来を変える!」
    誰でも挑戦できます!!
    【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して未来を変えたい!という方をお待ちしています↓↓

    スプライト(1~5)を変数と乱数を使ってランダムに表示させる方法です。

    ※プログラムサンプルはこちら(旗のボタンを押すとプログラムが実行されます)

    まずはスプライトを作成する

    まずは、「スプライトを選ぶ」から新しいスプライトを追加していきます。

    下の方に数字のスプライトがありますので、1~5を順番に追加していきます。

    1~5のスプライトが配置できました。

    変数を作る

    変数の中から「変数を作る」を選択します。

    新しい変数名:は任意の名前で分かりやすい名前を付けておきましょう。

    今回は「ランダムに表示する変数」という名前の変数名にしてみました。

    スクリプトを作成する

    「旗が押されたとき」をセットして、「XXを○○にする」のブロックを追加します。「ランダムに表示する変数」を「1」にする、にセットします。これで実行したタイミングで変数が1に初期化されます。

    「ずっと~」のブロックを追加したら、「ランダムに表示する変数」を「1から5までの乱数」にする、にセットします。これで、1から5までがランダムに表示されるようになるので、あとは「1秒まつ」を追加して準備完了です。

    実行すると、「ランダムに表示する変数」が「1から5まで」1秒毎にランダムに変わります。

    あとは、それぞれのスプライトにプログラムを入れていきます。「1」のスプライトには「旗が押された時」に、ひとまず初期化として「隠す」をセットしておきます。

    「ずっと~」のブロックを追加、「もし~なら~でなければ」の条件分岐のブロックを入れて、もし「ランダムに表示する変数=1」なら「表示する」、でなければ「隠す」、という条件分岐をセットします。

    こうすることで、変数が1になったときのみ、「1」のスプライトは画面に表示されることになります。

    同じように「2」~「5」のスプライトにも条件をセットしていきます。

    スプライト「2」には、もし「ランダムに表示する変数=2」なら、表示する、とします。

    同じように、「3」~「5」にも、それぞれのスプライトに条件を設定していきます。

    まとめ

    これで、「1」~「5」のスプライトが「1秒毎」に「ランダムに表示」されるようになりました!

    次回は、さらに応用パターンも色々と試していきたいと思います。

    ご参考ください😃

    Loading
    タイトルとURLをコピーしました