スキルアップを始める

【REPT関数】指定した文字列を繰り返す便利関数

Googleスプレッドシート
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

特定の文字列を指定した回数、連続して繰り返したい場合に使える便利関数が「REPT関数」です。

REPT関数とは?

指定した文字列を指定した回数、連続して繰り返したい場合には「REPT関数」が便利です。

=REPT(文字列, 繰り返し回数)

これだけで、指定した回数文字列を繰り返すことができます。

例えば、評価の数値があった際に、隣に数値の分だけ星印を付けたい場合などに便利です。

rept関数を使って、星の数を表示させることができます。

星が評価されました!

REPT関数の応用

使い方次第では、下記のような表示をさせることができます。

どうやって表示させるか?は、ぜひお試しください😃

ヒントは、row関数を組み合わせています。

まとめ

REPT関数を使うと、特定の文字列を指定した回数、連続して繰り返して表示させることができます。

使い方次第では便利に使えますので、ぜひご参考ください😃

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら