スキルアップを始める

【スプレッドシート】1 か月後の日付を表示する|EDATE関数

Googleスプレッドシート
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

EDATE関数とは?

EDATE関数を使うと1ヶ月後の日付を表示できます。EDATE関数は、指定した日付から指定した月数分だけ加算または減算した日付を計算します。この関数は、特に繰り返しのある日付計算に役立ちます。

EDATE関数-基本構文

EDATE(start_date, months)

  • start_date:計算を開始する日付
  • months:start_dateに加算または減算する月数

EDATE関数の例

以下は、EDATE関数を使用して1か月後の日付を計算する例です。

=EDATE(TODAY(),1)

この式は、今日の日付を取得し、1か月後の日付を計算します。TODAY関数は、現在の日付を取得するために使用されます。結果は、YYYY/MM/DDの形式で表示されます。

=EDATE(A2,1)

といったような表記にすると、セル参照して1ヶ月後を表示できます。

以上が、EDATE関数についての説明です。

まとめ

EDATE関数は、日付計算をする上で非常に便利な関数です。例えば、ある請求書の支払期日を1か月後に設定する場合に使用することができます。また、繰り返しのある日付計算にも役立ちます。

EDATE関数は、他の関数と組み合わせて使用することもできます。例えば、TODAY関数と組み合わせて、現在の日付から1か月後の日付を自動的に計算することができます。

また、EDATE関数は、日付の加算だけでなく、減算も可能です。例えば、ある日付から1か月前の日付を計算する場合には、マイナスの月数を指定します。

以上が、EDATE関数についての説明です。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら