スキルアップを始める!

【GAS】明日の日付を取得する方法|new Date()

GAS(GoogleAppsScript)
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

Google Apps Script(GAS)を使って、明日の日付を取得する方法を解説します。

new Date()

GASやJavaScriptにおいて、現在時刻を取得するにはnew Date()を使用します。new Date()は、現在時刻を表すDateオブジェクトを生成します。

var today = new Date(); // 現在時刻を取得

明日の日付を取得する

そのため、new Date()に対して、getDate()getMonth()getFullYear()などのメソッドを使用することで、現在の日付や月、年を取得することができます。

明日の日付を取得するには、new Date()に1日分のミリ秒数を加算することで実現できます。以下のように記述します。

var today = new Date(); // 現在時刻を取得
var tomorrow = new Date(today.getTime() + 24 * 60 * 60 * 1000); // 1日分のミリ秒数を加算

上記のコードでは、現在時刻を取得した後、1日分のミリ秒数(24時間 * 60分 * 60秒 * 1000ミリ秒)を加算しています。これにより、tomorrowには明日の日付が格納されます。

以上が、GASにおける明日の日付の取得方法です。

翌月や翌年の日付を取得する

もし、翌月や翌年の日付を取得したい場合は、同様にして月や年を加算することができます。例えば、翌月の日付を取得する場合は、以下のように記述します。

var today = new Date(); // 現在時刻を取得
var nextMonth = new Date(today.getFullYear(), today.getMonth() + 1, today.getDate()); // 月を加算

上記のコードでは、現在時刻を取得した後、getMonth()で現在の月を取得して、それに1を加算しています。そして、new Date()に年、月、日を渡すことで、翌月の日付を取得しています。

まとめ

このように、JavaScriptのDateオブジェクトをうまく利用することで、GASにおける日付操作が簡単に行えます。

以上が、GASにおける明日の日付の取得方法と、翌月の日付を取得する方法の解説です。

参考:

Date.prototype.getMonth() - JavaScript | MDN
getMonth() メソッドは、地方時に基づき、指定された日付の「月」を表す 0 を基点とした値(すなわち 0 が年の最初の月を示す)を返します。
URLをコピーしました!