スキルアップを始める

【スプレッドシート】IFERROR 関数を使用してN/Aエラー時に「商品が見つかりません」と表示する

Googleスプレッドシート
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

IFERROR 関数について

Google スプレッドシートで IFERROR 関数を使用すると、指定された式がエラーを返す場合に、代わりに表示する値を定義できます。これは、特に VLOOKUP などのエラーを起こしやすい関数を使用する際に便利です。

IFERROR関数の基本構文

IFERROR(value, [value_if_error])
  • value: エラーをチェックしたい式や関数。
  • [value_if_error]: value がエラーの場合に返す値。この引数はオプショナルです。指定しない場合、エラーが発生したときに空白が返されます。

VLOOKUP と組み合わせた例

仮定: あなたは商品IDを使って商品名を検索したいが、IDが見つからない場合は「商品が見つかりません」と表示したいとします。

  • A2:A10 セル範囲に商品IDがあります。
  • B2:B10 セル範囲に対応する商品名があります。
  • 検索したい商品IDは D1 セルに入力します。
=IFERROR(VLOOKUP(D1, A2:B10, 2, FALSE), "商品が見つかりません")

この式では、次のことが行われます。

  1. VLOOKUP(D1, A2:B10, 2, FALSE): D1 セルの商品IDを A2:B10 範囲で検索し、対応する商品名を返します。
  2. IFERROR: VLOOKUP から返された結果がエラー(つまり、商品IDが見つからない)の場合、”商品が見つかりません” というテキストを返します。

まとめ

この方法を使用することで、VLOOKUP 関数が見つからない値に対してエラーを返す代わりに、よりユーザーフレンドリーなメッセージを表示させることができます。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら