会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【Windows11】CPU使用率100%の場合の対処法(ディスククリーンアップ)

Windows(ウィンドウズ)
この記事は約2分で読めます。

タスクマネージャーのCPU使用率が100%になってPCが重たい場合の対処法(ディスククリーンアップ)です。

ディスククリーンアップとは?

ディスククリーンアップとは、コンピュータのハードドライブに残っている不要なファイルや、使用していないプログラムを削除することを指します。これにより、ハードドライブの空き領域が増え、コンピュータのパフォーマンスが改善されます。

ディスククリーンアップで削除される可能性のあるファイルには、一時ファイル、インターネットのキャッシュ、レジストリの問題などがあります。

ディスククリーンアップの手順

検索で「ディスククリーンアップ」と検索します。検索結果にディスククリーンアップが表示されるかと思います。

クリーンアップするディスクを選択します。基本的には(C:)ドライブになるかと思います。

「システム ファイルのクリーンアップ」を選択します。※チェックを入れた一時ファイルやごみ箱のデータが消えますので使用の際はご注意ください。

あとは、待つだけで完了します。

まとめ

ディスククリーンアップは、CPUやディスクの使用量改善に役立つひとつの方法です。

使用の際には注意も必要ですが、改善される可能性もありますので、PCが重たいと思ったときはお試しください。

タイトルとURLをコピーしました