会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【Word】ダミーテキストを出力させる方法(=lorem())

Word(ワード)
この記事は約11分で読めます。

「ひとまずダミーテキストが欲しい…!」と思ったときに使える裏ワザです。

Lorem ipsum(ロレム・イプサム)とは?

Lorem ipsum(ロレム・イプサム)とは、出版、ウェブデザイン、グラフィックデザインなどの諸分野において使用されている典型的なダミーテキストのこと。

=lorem()と入れるとダミーテキストが表示される

ひとまず、Wordファイルを新規作成で開いたら、=loremと入れてみます。

Enterキーで確定すると、lorem ipsumの文章が表示されます!

以上です。

ちなみに文字数を増やしたいときは、引数を指定します。

=lorem()の文字数を増やす

=lorem()の文字数を増やしたい時には、=rand(段落数[, 文の数])と指定します。

500文字入りました。ちなみに全文以上の文字数になった場合は、ループして表示されるようです。

Lorem ipsum 全文

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Maecenas porttitor congue massa. Fusce posuere, magna sed pulvinar ultricies, purus lectus malesuada libero, sit amet commodo magna eros quis urna.
Nunc viverra imperdiet enim. Fusce est. Vivamus a tellus.
Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Proin pharetra nonummy pede. Mauris et orci.
Aenean nec lorem. In porttitor. Donec laoreet nonummy augue.
Suspendisse dui purus, scelerisque at, vulputate vitae, pretium mattis, nunc. Mauris eget neque at sem venenatis eleifend. Ut nonummy.
Fusce aliquet pede non pede. Suspendisse dapibus lorem pellentesque magna. Integer nulla.
Donec blandit feugiat ligula. Donec hendrerit, felis et imperdiet euismod, purus ipsum pretium metus, in lacinia nulla nisl eget sapien. Donec ut est in lectus consequat consequat.
Etiam eget dui. Aliquam erat volutpat. Sed at lorem in nunc porta tristique.
Proin nec augue. Quisque aliquam tempor magna. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas.
Nunc ac magna. Maecenas odio dolor, vulputate vel, auctor ac, accumsan id, felis. Pellentesque cursus sagittis felis.
Pellentesque porttitor, velit lacinia egestas auctor, diam eros tempus arcu, nec vulputate augue magna vel risus. Cras non magna vel ante adipiscing rhoncus. Vivamus a mi.
Morbi neque. Aliquam erat volutpat. Integer ultrices lobortis eros.
Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Proin semper, ante vitae sollicitudin posuere, metus quam iaculis nibh, vitae scelerisque nunc massa eget pede. Sed velit urna, interdum vel, ultricies vel, faucibus at, quam.
Donec elit est, consectetuer eget, consequat quis, tempus quis, wisi. In in nunc. Class aptent taciti sociosqu ad litora torquent per conubia nostra, per inceptos hymenaeos.
Donec ullamcorper fringilla eros. Fusce in sapien eu purus dapibus commodo. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus.
Cras faucibus condimentum odio. Sed ac ligula. Aliquam at eros.
Etiam at ligula et tellus ullamcorper ultrices. In fermentum, lorem non cursus porttitor, diam urna accumsan lacus, sed interdum wisi nibh nec nisl. Ut tincidunt volutpat urna.
Mauris eleifend nulla eget mauris. Sed cursus quam id felis. Curabitur posuere quam vel nibh.
Cras dapibus dapibus nisl. Vestibulum quis dolor a felis congue vehicula. Maecenas pede purus, tristique ac, tempus eget, egestas quis, mauris.
Curabitur non eros. Nullam hendrerit bibendum justo. Fusce iaculis, est quis lacinia pretium, pede metus molestie lacus, at gravida wisi ante at libero.
Quisque ornare placerat risus. Ut molestie magna at mi. Integer aliquet mauris et nibh.
Ut mattis ligula posuere velit. Nunc sagittis. Curabitur varius fringilla nisl.
Duis pretium mi euismod erat. Maecenas id augue. Nam vulputate.
Duis a quam non neque lobortis malesuada. Praesent euismod. Donec nulla augue, venenatis scelerisque, dapibus a, consequat at, leo.
Pellentesque libero lectus, tristique ac, consectetuer sit amet, imperdiet ut, justo. Sed aliquam odio vitae tortor. Proin hendrerit tempus arcu.
In hac habitasse platea dictumst. Suspendisse potenti. Vivamus vitae massa adipiscing est lacinia sodales.
Donec metus massa, mollis vel, tempus placerat, vestibulum condimentum, ligula. Nunc lacus metus, posuere eget, lacinia eu, varius quis, libero. Aliquam nonummy adipiscing augue.

何と書いてあるのかさっぱり分からなかったので、Google翻訳してみました。

痛み自体は愛であり、顧客の痛みです。 Maecenasのporttitorはマッサをコングします。横になることを選択しますが、ソファは素晴らしい補償です、純粋なベッドは信じられないほど無料です、それはどんな壷の利点にとっても重要です
今漫画のヘアスタイルのために。カスタマイズ可能です。地球から生きる。
Pellentesqueの生息地であるmorbitristiquesenectus et netus et malesuadaは、acturpisegestasで有名です。 Proin quivernonummypede。 Maurisetorci。
Aeneanneclorem。フェリーでDonec laoreetnonummyaugue。
ストレスパキスタンは今、純粋でチョコレートであり、生活の多様性、不動産です。 semvenenatiseleifendのMaurisegetneque。アートワークを入手してください。
足は足ではありません。 Suspendisse dapibus lorempellentesquemagna。何も完了していません。
Donec blanditfeugiatligula。局、猫、花束、価格自体への純粋な恐怖まで、フリンジでは賢明なプレーヤーは必要ありません。環境に影響がある限り。
また、気分が良くなる必要があります。多分それは週末でした。しかし、今、悲しい門にいる車で。
車両はそれほど多くありません。誰もが素晴らしい時間を過ごしています。 Pellentesqueの生息地であるmorbitristiquesenectus et netus et malesuadaは、acturpisegestasで有名です。
そして今、それは素晴らしいです。マエケナスは痛み、またはスーパーヒーロー、作者、消費者を嫌っていました猫の矢が走っています。
復讐に燃える人々の復讐、作者のフリンジの欲求、お辞儀と侵食の時、大笑いスプラッシュレンジの前でさえ、明日は素晴らしいものではありません。私の愛する人から生きる
病気はどちらでもありません。多分それは週末でした。整数ultriceslobortiseros。
Pellentesqueの生息地であるmorbitristiquesenectus et netus et malesuadaは、acturpisegestasで有名です。したがって、これまで、人生の不安を和らげるために、自由意志の矢、今ではチョコレートの人生の大部分が足を必要とするという恐れがあります。しかし、彼は、時には、ちょうど、または、喉で、どのようにプッシュしたいと思っています。
エリート、感情的な必要性、自分の結果、一度はいいことがあるまで。今すぐに。 conubia nostraごと、inceptos hymenaeosごとに、クラスaptent taciti sociosqu adlitoraトルクント
Donec ullamcorperfringillaeros。 sapien eu purusdapibuscommodoのFusce。山、家、子供たち、そして偉大な神々が働くとき、ばかげたネズミが生まれます。
喉の味が嫌いです。 Sedacligula。それは米国を見る時です。
レーダーと地球でさえ、復讐心に満ちています。発酵では、車両はもちろんフェリー、湖の壷層ではありませんが、時にはそれはプレーヤーにとって素晴らしいフリースタイルではありません。週末を始めるには
Mauriseleifendは開始する必要はありませんしかしもちろん、そうする方法。教室やボールを置く方法。
Cras dapibusdapibusnisl。猫の痛みは車への罰です。 Maecenas pede purus、tristique ac、tempus eget、egestas quis、mauris。
Curabitur non erosただ飲む局はありません。妊娠中の価格のフリンジ、湖の麓の恐怖は誰ですか
各デッキには笑顔があります。それは私にとって大きな迷惑です。整数aliquetmaurisetnibh。
彼は世界中にたくさんのものを置きたいと思っています。今矢印で。 Curabitur variusfringillanisl。
私の投資の価格は普通でした。 Maecenas id augueスーパーヒーローのために。
それがない映画、そしてヴァイキングもそうではありません慢性的です可能性がなくなるまで、有毒なチョコレート、料理、結果、ライオン。
Pellentesque libero lectus、tristique ac、consectetuer sit amet、imperdiet ut、justo。しかし、人生の拷問者を憎む人もいます。船首の計画の時間。
この通りに彼は住むように言われた。サスペンドポテンティ。私たちは人生のメンバーの大衆を生きています。
大衆、柔らかい、または不動産の時代、ソースのアーチ、型破りなものへの恐れまで。今、湖への恐れ、提唱、EUのフリンジ、カジノ、自由。 Aliquam nonummyadipiscingaugue。

何のことだか分かりません。これこそが、「Lorem ipsumは何の意味もありません。」ということなのかと思います。

まとめ

ひとまず、英語のダミーテキストが欲しいときにはWordを開いて、=lorem()を使うと便利です。

ご活用下さい😀

タイトルとURLをコピーしました