お問い合わせ
    氏名

    メールアドレス

    件名

    お問い合わせ内容



    会員登録(無料)
    ログイン
    スキルアップは今すぐこちら!▶

    【Googleアナリティクス】「GA4」のレポート項目〜新しくなって何が変わったのか?#01|GoogleAnalytics4

    GoogleAnalytics(アナリティクス)
    この記事は約2分で読めます。

    前回も書きましたが、Googleアナリティクス4になったことで、レポート項目や設定などが以前のGoogleアナリティクスから全く別物のような状態に変わりました。

    2020年10月14日(米国時間)にGoogleアナリティクスは「GoogleAnalytics4(GA4)」として、大きく生まれ変わっています!

    メンティー
    メンティー

    大きく変わったんですね!!

    メンター
    メンター

    はい、大きく生まれ変わりました。

    レポート項目

    レポート項目は大きく
    「リアルタイム」
    「ライフサイクル」
    「ユーザー」
    「イベント」
    「探索」
    「設定」
    といった内容に分かれました。

    ホーム

    まずはホームから始まります。

    リアルタイム

    今、まさにリアルタイムに閲覧しているユーザーの情報が分かります。

    地図が見やすくなりました。

    ライフサイクル>集客

    訪問経路が分かります。以前まで「チャネル」などで扱っていた流入元データは[集客]-[トラフィック獲得]内に全てまとめられたようです。

    ユーザー獲得

    organic(自然検索)、referral(他サイト参照)・・・といった情報がわかります。

    トラフィック獲得

    Google、Yahoo、Bing・・・から、という情報が分かります。

    ライフサイクル>エンゲージメント

    新しく「エンゲージメント」というレポート項目が増えました(以前は、たしかBetaであった気がしますが・・・)

    エンゲージメント>イベント

    エンゲージメント>ページとスクリーン

    ライフサイクル>収益化

    eコマースに収益に関する分析ができます。
    ※全くの専門外なので省略します。

    ライフサイクル>維持率

    ユーザーの「維持率」を見ることができます。

    まとめ

    以前のGoogleアナリティクスに比べて、レポート項目の種類が大幅に減ったように思います!

    あたらしいレポートが増えて覚えるのが大変ですが、覚えてしまえば以前のGoogleアナリティクスよりも使いやすくなるのかもしれません!

    ご参考下さい😃

    0 件のコメント

    コメント
    タイトルとURLをコピーしました