スキルアップを始める!

【GA4】ユーザー プロパティ(User Property)とは?

Googleアナリティクス
\スプレッドシートのスキルアップはこちら!/ スプレッドシート
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

ユーザープロパティとは?

GA4(Google Analytics 4)では、ユーザープロパティ(User Property)という概念があります。ユーザープロパティは、ユーザーに関する追加の情報を示す属性や特性のことです。

これらのプロパティは、特定のユーザーセグメントを作成し、ユーザーの行動や属性に基づいて分析を行う際に役立ちます。

ユーザープロパティは、ユーザーに関連するデータを分類するために使用されます。たとえば、ユーザープロパティを使用して、ユーザーの購買履歴、登録状況、会員ランク、言語設定などの情報を追跡できます。

これにより、特定のユーザーグループの行動パターンや特性を理解し、より具体的なセグメンテーションやターゲティングを行うことができます。

ユーザー プロパティとは、ユーザーベースの特定部分を表す属性(言語設定、地理的位置など)であり、これを使って、オーディエンスとセグメントを定義できます。

https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/ga4/user-properties?hl=ja&technology=websites

ユーザープロパティは、アプリやウェブプロパティの各ユーザーに対してカスタムで設定できます。設定されたユーザープロパティは、Google Analytics 4のデータ収集プロセスと関連付けられ、収集されたデータと組み合わせて分析が行われます。

ユーザープロパティの使用例

例えば「◯◯のページを見たユーザー」のプロパティを作成してみます。

ページビューに以下のようにトリガーを設定しました。

このトリガーの発生場所
一部のページビュー
イベント発生時にこれらすべての条件が true の場合にこのトリガーを配信します

Page URL
 含む googlesheet

タグ設定

タグは以下のように設定してみました。

イベント パラメータ
パラメータ名 spreadsheetuser
値 {{Page URL}}

ユーザー プロパティ
プロパティ名 spreadsheetuser
値 {{Page URL}}

Tags Firedしました!

spreadsheetuserが作成されました。

カスタムディメンションを作成する

あとは、レポート画面で見れるように「カスタムディメンション」を作成しておきます。

カスタムディメンションに追加されました。

まとめ

ユーザープロパティは、GA4のユーザーレポートやオーディエンスビルダーなどの機能で利用することができます。使い方次第で便利に使えます。※個人が特定できる情報などを取得しないように、設定には注意が必要です。

ご参考ください。

URLをコピーしました!