会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【GAS(ガス/Google Apps Script)】初めてのグーグルアプリスクリプトを使ってみよう編

GAS(グーグルアップススクリプト)
この記事は約4分で読めます。

「Google Apps Script(グーグルアプリスクリプト)」とは?

「Google Apps Script(グーグルアプリスクリプト)」とは、Google(グーグル)が提供しているサービス(プログラム)です。略称でGAS(ガス)と呼ばれたりします。

GASを使うと、GmailやGoogleカレンダーなど、Googleのサービスと連携して様々なプログラムを動かすことができます。

例えば、
・Googleカレンダーにリストの予定を一括で登録する
・スプレッドシートのセルの値が変わった時にメールを自動送信させる
・住所一覧をGoogleマップに登録する

他にも工夫次第で様々なことが実行できるようになります。

■ Google Apps Script

Apps Script  |  Google Developers
Develop high-quality, cloud-based solutions with ease.

Google Apps Script(グーグルアプリスクリプト)を使ってみましょう。

まずはGoogleドライブの「新規」からファイルを作成します。

Bộ nhớ trên đám mây dành cho cá nhân và Nền tảng chia sẻ tệp – Google
Tìm hiểu về nền tảng chia sẻ tệp của Google Drive, có khả năng cung cấp bộ nhớ trên đám mây an toàn dành cho cá nhân để chia sẻ nội dung với người dùng khác.

「Google Apps Script」を開きますが、「新規」の中にアプリが無ければ、追加をします。

「ドライブにアプリを追加」を開くと、おそらく最初の方にGoogle Apps Scriptが表示されるかと思います。(見つからなければ検索で)

「Google Apps ScriptがGoogleドライブに接続されました」と表示されます。

接続すると、「新規」のその他の中にGoogle Apps Scriptが表示されるようになります。

または、Apps Scriptのページを直接開くことでも作成できます。

script.google.com

Apps Script – Google Apps Script

まずは「無題のプロジェクト」から、自分が分かりやすいプロジェクトの名称に変更してみましょう、

新しいGASプログラムが出来ました!

まずは、Browser.と入力してみましょう。

すると、いくつかの、その後に続く候補が一覧で表示されます。

msgBox(prompt)を選択してみました。

「▶」ボタンを押すとスクリプトが実行されます。

最初に「承認が必要です」と表示されますので「許可を確認」を押します。

使用するGoogleアカウントを選択します。

「このアプリは確認されていません」とドキッとするような表示が出ますが、新規作成時には最初に表示されますので、進みます。

「詳細」を押します。

「XXXXX(ファイル名)(安全ではないページ)に移動」を選択します。

「XXXXX(ファイル名)がGoogleアカウントへのアクセスをしています」と表示されますので、「許可」を押します。

これでプログラムが実行できる環境は整いました。

「▶」を押すとプログラムが動きます。

はい、エラーが表示されました・・・。

ReferenceError: 「prompt」が定義されていません。(行 3、ファイル「コード」)
ReferenceError(未定義の変数)どこにも変数が定義されていないため、エラーとなってしまいます。

(prompt)を(‘ようこそ’)に変えてみました。直接文字を入力して表示させます。

※GASの場合、シングルクォーテーションとダブルクォーテーションに大きな違いは無いようですが、例えばテキスト中に【アイアム】の英語を入れる場合など、注意は必要です。

このコンテキストから Browser.msgBox() を呼び出せません。代わりに Logger.log() を試しましたか?(行 3、ファイル「コード」)

・・・?

どうやら、スタンドアロンスクリプト(Googleドライブにプロジェクトファイルを直接保存した状態)ではBrowser.msgBox(テキスト)は使えないようです。

コンテナバインドスクリプト(例えば、スプレッドシートに組み込むといった親ファイルに紐づく形で実行)であれば実行できるようです。

ということで、忠告通り、代わりに Logger.log() を試します。

実行ボタンを押しても・・・何も起こりません。

Logger.log() はログを表示させるスクリプトです。

「表示」>「ログ」からログが表示できます。
※Ctrl+Enterの方が早いので、ぜひ覚えましょう。

「ようこそ」が表示されました!

このような感じでLogger.log() を使うと様々な場面で役に立つので、Logger.log() はぜひ覚えておきましょう。

長くなりそうですので
続きはまた!(^o^)/

タイトルとURLをコピーしました