会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【GAS】チャットワークに時間設定して予約投稿をする方法-Part1

GAS(グーグルアップススクリプト)
この記事は約2分で読めます。

チャットワークにて時間設定をして予約投稿を行う方法です。チャットワーク自体に予約投稿は(おそらく?)無さそうですが、GoogleAppsScriptを使ってチャットワークの時間設定投稿を作成できます。

チャットワークAPIトークンを取得する

まずは「チャットワークAPIトークン」と呼ばれるAPIトークンが最初に必要になります。

利用申請ページから、新しいAPIトークンを取得します。

こちらを控えておきます。※とても重要なデータなので取り扱いにはご注意ください。

GoogleAppsScriptを作成する

GoogleAppsScriptを作成します。方法は「スタンドアロンスクリプト」か「コンテナバインドスクリプト」があります。それは何…?という方はGASの基本のこちらを読んでいただくとおおまかなGASの内容が分かります。

今回は、コンテナバインドスクリプトで作成します。今回は単体のスタンドアロンでもOKですがおいおいスプレッドシートを使用することを想定しておきます。

まずは、新規のGoogleスプレッドシートを準備します。

Apps Scriptから新規のスクリプトを作成します。

ライブラリを追加する

次に、スクリプトにライブラリを追加します。ライブラリとは、プログラムを1から作ると大掛かりな事になる部分を、共通のプログラムとして準備されたものです。

GitHub - cw-shibuya/chatwork-client-gas: Chatwork Client for Google Apps Script
Chatwork Client for Google Apps Script. Contribute to cw-shibuya/chatwork-client-gas development by creating an account on GitHub.

作ってくださっている方に感謝です。

スクリプトIDからライブラリを追加します。

1nf253qsOnZ-RcdcFu1Y2v4pGwTuuDxN5EbuvKEZprBWg764tjwA5fLav

ライブラリが追加されました!これで、チャットワークのルームで、メッセージの送信などが、GAS側からプログラムを作成して行えることになります。

まとめ

ChatWorkClientライブラリが追加されたので、これでチャットルームにメッセージを送信したり、タスクを追加できるようになります。

続きはPart2にて😃

タイトルとURLをコピーしました