お問い合わせ

    氏名

    メールアドレス

    件名

    メッセージ本文



    763万 キーワード

    2021年 検索パフォーマンス

    57.8万 人が訪問

    2021年 訪問ユーザー数

    WordPressのスキルアップはこちら!▶[click]
    いま、どうしてる? 誰でも検索できます

    【GoogleAppsScript】Googleスプレッドシートでふりがな(フリガナ)自動入力をAPIとスクリプトで実現する方法PART2|ExcelのPHONETIC的な。

    GAS(グーグルアップススクリプト)
    この記事は約5分で読めます。
    「ワードプレスで未来を変える!」
    誰でも挑戦できます!!
    【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して未来を変えたい!という方をお待ちしています↓↓

    ということで、前回の説明が長くなりましたので、一度終わってその続きです。

    「ひらがなAPI」

    こちらが前回ご紹介した「ひらがなAPI」です。

    ひらがな化API |ソフト・アプリ開発のAPIなら【gooラボ】ひらがな化APIはリクエストで送られた日本語文字列を、ひらがな もしくは カタカナ による記載に変換します。gooラボは、Webソフトやアプリ開発に役立つAPIを無料で提供するNTTレゾナントのサービスです。gooラボのAPIを利用した新技術のテストやシステム開発など、イノベーションの創出を支援しています。

    https://labs.goo.ne.jp/api/jp/hiragana-translation/

    これは便利すぎます・・・!ありがとうございます。

    supported by goo

    関数の作成

    まずは、関数を作成します。

    あとで忘れないような分かりやすい名前にします。今回はシンプルに「furigana」としておきました。これで=furiganaで関数が使えるように、設定しておきます。

    入力値を受け取りたいので「input」などを引数に設定しておきます。

    function furigana(input) {
    }

    エンドポイントの取得

    APIのエンドポイントがhttps://labs.goo.ne.jp/api/hiraganaになっていたので、こちら用の変数を準備します。

    const endpoint = "https://labs.goo.ne.jp/api/hiragana";
    

    次にpayload(ペイロード)を取得します。APIを使うときに必要なものです。

      const payload = {                                        
        "app_id": "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
        "sentence": input,
        "output_type": "katakana"
      };
      
      const options = {
        "method": "post",
        "payload": payload
      };

    ペイロードとは、パケット通信においてパケットに含まれるヘッダやトレーラなどの付加的情報を除いた、データ本体のことである。パケットにはデータの転送先や転送経路などを制御するための情報を含むヘッダや、データの破損などを検査するトレーラなどの情報が、データそのもののほかに付加されて送られる。ペイロードの語は、こうした情報を対象に含めず、ユーザーが送信したいデータそのものを指し示す際に用いられる。

    https://www.weblio.jp/content/%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF

    UrlFetchApp.fetch

    UrlFetchApp.fetchを使って、データを取得します。

      const response = UrlFetchApp.fetch(endpoint, options);

    このサービスを使用すると、スクリプトはURLをフェッチして、他のアプリケーションと通信したり、Web上の他のリソースにアクセスしたりできます。

    https://developers.google.com/apps-script/reference/url-fetch/url-fetch-app

    JSON.parse

    取得したデータをJSONでパースして表示できる状態にします。

      const response_json = JSON.parse(response.getContentText());

    完成

    これで、返り値でresponse_json.convertedしてあげれば・・・完成です。

    function furigana(input) {
      
      const endpoint = "https://labs.goo.ne.jp/api/hiragana";
       
      const payload = {                                        
        "app_id": "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
        "sentence": input,
        "output_type": "katakana"
      };
      
      const options = {
        "method": "post",
        "payload": payload
      };
    
      const response = UrlFetchApp.fetch(endpoint, options);
      const response_json = JSON.parse(response.getContentText());
    
      return response_json.converted;
    }

    作成サンプル

    このように、自動でふりがな振ってくれるので便利です!

    一度使えるようになると、便利過ぎる・・・!となるかと思います。

    メンティー
    メンティー

    これ・・・!めっちゃ便利ですね!!!

    メンター
    メンター

    ただし、商用利用の場合は要連絡のようですので、もし使われる場合は、ご連絡をしてみましょう。

    特に使用頻度が高いと思われる「ふりがな入力」の場面があれば、仕事の効率化にも繋がりますので、ぜひ挑戦ください😃

    ラボヘルプ – gooヘルプ
    3月22日、「PinQA」リニューアルいたしました。 日程に変更がありますので、下記に訂正させて頂きます。 ご利用のお客様にはご迷惑おかけし申し訳ございません。 <2012/03/12追記> …
    Loading
    タイトルとURLをコピーしました