会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【GAS】たくさんのシートをループで一気に作成する方法(GASでシートを作成する)

GAS(GoogleAppsScript)
この記事は約2分で読めます。

Googleスプレッドシートで、1番から50番までの50個のシートをGoogle Apps Script(GAS)を使って一気に作成します。

GASでシートを作成する

シートを追加するには「.insertSheet()」を使います。

function addNewSheet() {
    const ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
    const newSheet = ss.insertSheet();
}

実行すると、いつものように承認画面が出てくるので、権限を与えます。

シートが追加されました!

シート名を変更する

このままだと「シート3」「シート4」…と追加されていくので、シート名を変更します。

シート名の変更は「.setName(“シート名”)」で可能です。

function addNewSheet() {
    const ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
    const newSheet = ss.insertSheet();
    newSheet.setName(1);
}

シートが追加されました!

ループでまわす

あとは、シートをループで次々に作成していきます。50までは欲しいので、ループは「51より小さい」としています。

for(let i=1; i<51; i++) {
const newSheet = ss.insertSheet();
newSheet.setName(i);
}

まとめてみます。

function addNewSheet() {
  const ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
    for(let i=1; i<51; i++) {
      const newSheet = ss.insertSheet();
      newSheet.setName(i);
    }
}

実行すると、シートが次々に作られていきます!

できました!

まとめ

このような感じで、GASを使ってシートを一気に作ることができます。続きは、また。

御参考ください。

タイトルとURLをコピーしました