スキルアップを始める!

【GAS】LINE Messaging APIでLINEのdisplayNameを表示する

GAS(GoogleAppsScript)
この記事は約2分で読めます。
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

この記事は、Google Apps Scriptを使用してLINE Messaging APIに接続し、LINEユーザーのdisplayNameを取得して表示する方法について説明します。

手順

  1. LINE Developersにログインし、Messaging APIチャンネルを作成します。
  2. Google Apps Scriptを使用して、Messaging APIチャンネルに接続するためのコードを作成します。
  3. LINEユーザーの情報を取得するためのMessaging APIリクエストを送信します。
  4. displayNameを含むJSONレスポンスを取得し、Google Apps Scriptで表示します。

GASコード例

[rml_read_more]

function getLineDisplayName() {
  const token = 'YOUR_CHANNEL_ACCESS_TOKEN';
  const userId = 'TARGET_USER_ID';

  const endPoint = `https://api.line.me/v2/bot/profile/${userId}`;
  const response = UrlFetchApp.fetch(endPoint, {
    headers: {
      "Content-Type": "application/json; charset=UTF-8",
      Authorization: "Bearer " + CHANNEL_ACCESS_TOKEN,
    },
    method: "GET",
  });

  const userDisplayName = JSON.parse(response.getContentText()).displayName;

このコードは、指定したチャンネルアクセストークンとユーザーIDを使用して、Messaging APIプロファイルリクエストを送信し、displayNameを含むJSONレスポンスを取得します。ログにdisplayNameが表示されます。

まとめ

以上で、LINEのdisplayNameを表示するGASコードの作成が完了となります。例えば、LINEの自動返信で「○○様~」といった表示をする際などに使えるかもしれません。

ご参考ください。

URLをコピーしました!