会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【Fetch API】GASでスプレッドシートのデータを取得してFetch APIを使いWEBページに出力する(Part1)

GAS(GoogleAppsScript)
この記事は約4分で読めます。

GASとスプレッドシートの組み合わせを使うと色々なことができますが、今回はGASでスプレッドシートのデータを取得してFetch APIを使って、WEBページに出力してみます。

Fetch API(フェッチ API)とは?

Fetch API(フェッチ API)とは、主にネットワーク越しの通信でリソース取得のためのインターフェイスを提供してくれるAPIです。

フェッチ API は(ネットワーク越しの通信を含む)リソース取得のためのインターフェイスを提供しています。 XMLHttpRequest と似たものではありますが、より強力で柔軟な操作が可能です。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Fetch_API

GASでFetch APIを使う

GASでFetch APIを使ってみます。まずは、GAS側でデプロイしてWEBページを発行します。doGetはリクエストとしてHTTPメソッドのGETが渡されたときに呼び出される関数です。

const SPREAD_SHEET_ID = 'XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX';
const SHEET_NAME = 'db';
function doGet(e) {
  const ss = SpreadsheetApp.openById(SPREAD_SHEET_ID);
  const sheet = ss.getSheetByName(SHEET_NAME);
  const values = sheet.getDataRange().getValues();
  const data = [];

  for(var i=0; i<values.length; i++){
    if(i === 0) continue;
    const param = {};
    for(let j=0; j<values[i].length; j++){
      param[values[0][j]] = values[i][j];
    }
    data.push(param);
  }
   const result = ContentService.createTextOutput();
   result.setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
   result.setContent(JSON.stringify(data));
   return result;
}

ウェブアプリとしてデプロイします。

デプロイ完了しました。

これで、ウェブアプリとして公開されました。

WEBページ側のスクリプト

WEBページ側にスクリプトを設定します。

<script>
const url = 'https://script.google.com/macros/s/XXXXXXXXXXXXXXXXXXX/exec';
function jsonOutput(){
fetch(url)
    .then(response => response.json())
    .then(data => {
      console.log('data:'+data);
    });
}
jsonOutput();
</script>

then() メソッドは Promise を返します。最大 2 つの引数として、 Promise が成功した場合と失敗した場合のコールバック関数を取ります。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Promise/then

object Objectがコンソールに表示されました!

まとめ

これで、WEBページ側にGASでdoGetしたデータをFetch APIで取得することができました。

次回は、このデータを使ってテーブルに表示させるといった方法を試してみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました