スキルアップを始める!

【GAS】JavaScriptを使用してURLパラメータをGoogleスプレッドシートに渡す方法

GAS(GoogleAppsScript)
この記事は約3分で読めます。
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

JavaScriptを使用して、URLパラメータをGoogleスプレッドシートに渡す方法は以下のような流れでGASを使って作れます。

Google Apps Scriptを使用する方法

Google Apps Scriptを使用して、URLパラメータを受け取り、それをスプレッドシートに書き込むことができます。

まず、以下のようなURLを用意します。

https://script.google.com/macros/s/XXXXXXXXXXXX/exec?key1=value1&key2=value2&key3=value3

Google Apps Scriptを使用して、以下のようにURLパラメータを取得して、それをスプレッドシートに書き込みます。

function doGet(e) {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var values = [];
  values.push(new Date());
  for (var key in e.parameter) {
    values.push(e.parameter[key]);
  }
  sheet.appendRow(values);
  return ContentService.createTextOutput("Success!");
}

doGet関数がURLパラメータを取得できます。

Google Sheets APIを使用する方法

Google Sheets APIを使用して、URLパラメータを受け取り、それをスプレッドシートに書き込むことができます。

[rml_read_more]

以下は、Google Sheets APIを使用して、URLパラメータをスプレッドシートに書き込む例です。

// Google Sheets APIを読み込む
gapi.client.load('sheets', 'v4', function() {
  // URLパラメータを取得
  var urlParams = new URLSearchParams(window.location.search);
  var param1 = urlParams.get('param1');
  var param2 = urlParams.get('param2');
  var param3 = urlParams.get('param3');

  // スプレッドシートに書き込むデータを準備
  var data = [
    [param1, param2, param3]
  ];

  // スプレッドシートに書き込む
  var request = {
    spreadsheetId: 'スプレッドシートID',
    range: 'シート名!A1:C1',
    valueInputOption: 'USER_ENTERED',
    resource: {
      values: data
    }
  };
  gapi.client.sheets.spreadsheets.values.update(request).execute(function(response) {
    console.log(response);
  });
});

まとめ

以上の方法で、JavaScriptを使用してURLパラメータをスプレッドシートに渡すことができます。

実際にJavaScriptとContact Form 7などを連携してパラメータを渡す方法は、他の記事でもまとめていますのでご参考ください。

URLをコピーしました!