会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【Googleスプレッドシート】QUERY関数|クエリ一覧Part1(SELECT句)

GoogleSpreadSheet(グーグルスプレッドシート)
この記事は約2分で読めます。

QUERY関数で範囲からデータを抽出できる

QUERY関数とは「Google Visualization API のクエリ言語を使用して、データ全体に対するクエリを実行します」。

QUERY(データ, クエリ, [見出し])

以前もご紹介しましたが、他のクエリを使って、実際に使って試していきたいと思います。

今回は東京都オープンデータカタログサイトから、東京都卸売市場日報(販売予定数量・花き)のデータを使ってデータ抽出をしてみたいと思います。

SELECT *(全列選択)

selectを使うと「範囲の選択」ができます。

=query(estimate_quantity_flower!A2:K,"select *")

すべてのデータが抽出されました!

SELECT A(特定の列選択)

“select A”(A列を選択)としてみます。

=query(estimate_quantity_flower!A2:K,"select A")

A列のデータのみが抽出されました!

select A,B,C(複数列選択)

複数行選択するときは、列記号を「,(カンマ)」で区切ります。

=query(estimate_quantity_flower!A2:K,"select A,B,C")

A列、B列、C列のデータのみが抽出されました!

select C,B,A(列の順番を入れ替える)

複数列の順番を入れ替えるときは、列記号を「,(カンマ)」で区切り、並び替えたい順番に列を指定します。

=query(estimate_quantity_flower!A2:K,"select C,B,A")

C列、B列、A列、の順番で列のデータが抽出されました!

まとめ

このような感じで「クエリ関数」を使うことで様々な条件でデータを抽出することができます!今回はSELECT句のみに絞ってご紹介しました。次回は色々なパターンのクエリで抽出してみたいと思います!ご参考下さい😃

タイトルとURLをコピーしました