URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

【JavaScript入門】JavaScriptを実行する方法 scriptタグの基本

JavaScript(ジャバスクリプト)
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

scriptタグとは?

JavaScriptを実行する方法として、scriptタグを使う方法があります。この方法は、Webページ内にJavaScriptコードを直接埋め込んで実行する方法です。

scriptタグを使用すると、HTMLのページ内でJavaScriptコードを書くことができます。以下は、例として、Hello Worldを表示するJavaScriptコードです。

<html>
  <head>
    <title>JavaScriptを実行する方法</title>
    <script>
      document.write("Hello World");
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

このコードでは、scriptタグでJavaScriptコードを書き、document.write関数を使用してHello Worldを表示しています。

scriptタグは、HTMLのheadセクションまたはbodyセクション内に配置することができます。また、外部のJavaScriptファイルを読み込むこともできます。

外部JavaScriptファイルを読み込む

以下は、外部JavaScriptファイルを読み込む例です。

<html>
  <head>
    <title>JavaScriptを実行する方法</title>
    <script src="script.js"></script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

このコードでは、scriptタグのsrc属性を使用して、外部のJavaScriptファイル「script.js」を読み込んでいます。

まとめ

JavaScriptを実行するために、scriptタグを使用することは、Web開発において抑えておくべき重要な方法の一つです。

ご参考ください。

Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら