会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

「SIPS(シップス)」とは?SNSの消費者行動モデル

Marketing(マーケティング)
この記事は約1分で読めます。

SIPS(シップス)とは?

「Sympathize(共感する)」「Identify(確認する)」「Participate(参加する)」「Share&Spread(共有・拡散する)」のそれぞれの頭文字を取った分析モデル。

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に特化した分析手法です。

Sympathize(共感する)

ただ広告や投稿をしただけでは共感にはなりません。「その商品を使ってみたい」「サービスを体験したい」と感じてもらえるような共感をしてもらう工夫が必要です。

Identify(確認する)

商品やサービスに共感をしてもらったあとは「確認する」という動きが起こります。友人知人・関係者はどう評価しているのだろうか?感じているのかを確認します。

Participate(参加する)

購入に至らずとも、「友人や知人にシェアをする」といった反応も「参加する」と言えるかと思います。SNSの場合は「いいね!」「フォロー」といったボタンがあります。

Share&Spread(共有・拡散する)

例えば、美味しいご飯を食べたあとに「フォローしてもらっている人たちや他の人たちにも知ってもらいたい」という欲求が働きSNSのシェアや共有ボタンを押します。

タイトルとURLをコピーしました