会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

「BASiCS(ベーシックス)」とは?「売れて儲かる」経営戦略フレームワーク

Marketing(マーケティング)
この記事は約1分で読めます。

BASiCS(ベーシックス)

ストラテジー&タクティクス社様により提唱されている独自のマーケティング手法。

顧客ニーズと自社の強みがつながる「売れて儲かる」経営戦略を、「Battlefield (戦場・競合)」「Asset (独自資源)」「Strength (強み・差別化)」「Customer (顧客セグメント)」「Selling Message (売り文句)」の5つの要素で設計し、実戦できるフレームワーク。

こちらの本がオススメです!
購入はこちら

戦場・競合(B:Battlefield)

顧客にとっての選択肢である戦場・競合はどこかか

独自資源(A:Asset)

どんな資源を持てば、競合にマネされない圧倒的な強みを築けるか

強み(S:Strength)

競合とどう差別化すれば儲かるか

顧客(C:Customer)

どんな顧客ニーズに応えれば儲かるか

メッセージ(Sm:Selling message)

自社の強みをどんな価値(売りモノ・売り方)に変換すれば儲かるか

BASiCS(ベーシックス)を学ぶにはこちらの本がオススメです!

こちらの本がオススメです!
購入はこちら
タイトルとURLをコピーしました