URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

【ARPUとは?】ひとりあたりの平均売上金額の指標について

Marketing(マーケティング)
\マーケティングのスキルアップはこちら!/ マーケティング入門読本

ARPU(Average Revenue Per User)とは?

ARPUとは「ひとりあたりの平均売上金額」を表す指標です。「Average Revenue Per User」の頭文字を取ってARPUと呼ばれています。

例えば、ユーザーが10人で売上高が5万円の場合は下記のように計算できます。

ARPU = 50,000 ÷ 10 =5,000円

ユーザーが100人で売上高が68万円の場合は下記のように計算できます。

ARPU = 680,000 ÷ 100 =6,800円

まとめ

このARPU(Average Revenue Per User)という指標は、あるサービスやプロダクトを利用する人々の収益を集計し、その平均値を算出することで、そのサービスやプロダクトが1人あたりにもたらす収益を測ることができます。

ARPUは、ビジネスにおけるマーケティングや営業の戦略を立てる上で重要な指標とされています。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら