会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【5フォース(ファイブフォース)分析とは?】事業判断のフレームワーク

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

5フォース(ファイブフォース)分析とは?

5フォース(ファイブフォース)分析とは、事業環境の分析を行うためのフレームワーク。外部環境分析のうち「事業環境」の分析を行うためのフレームワークです。5つの要素に分けて分析、収益性のある事業を判断します。

業界内の驚異

業界内の驚異・・・競合他社との間での業界内の競争のこと。他社との競争が激しければ商品の差別化や価格競争が激しくなり利益を生み出しにくくなります。

代替品の脅威

代替品の脅威・・・既存商品が代替品でニーズを満たしてしまい市場が奪われるという脅威。一昔前まで本は店頭で買うものだったがオンライン購入への変化、電子書籍により電子に変わった、など。

売り手の交渉力

売り手の交渉力・・・部品や原材料など業者からの要求力のこと。寡占業界もしくは独占的技術を有する業界においては、買い手は高い価格になったとしてもその価格を受け入れるしかなくなります。

新規参入の脅威

新規参入の脅威・・・既存の市場や業界に新たな企業やサービスが参入することで、競争が激化する脅威のこと。競争が激しくなると、価格競争が起こり、利益は少なくなります。

買い手の交渉力

買い手の交渉力・・・競合が多く価格競争が激しくなった脅威のこと。買い手である顧客が商品を購入する際の交渉力によって利益が上がりにくくなります。

まとめ

5フォース(ファイブフォース)分析を抑えておくと、5つの要素に分けて分析、収益性のある事業を判断することができます。

事業分析手法のひとつとして、ぜひ抑えておきましょう😃

タイトルとURLをコピーしました