会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

近江商人(おうみしょうにん)の商売十訓まとめ

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

「近江商人(おうみしょうにん)の商売十訓」とは、近江商人が受け継いだ商売の行動哲学です。このブログでも時々出ている「近江商人(おうみしょうにん)」さんの商売十訓をまとめました。

一.商売は、世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり

売り手よし、買い手よし、世間よし。三方良し。

商売は世間のお役に立つこと、お客様のお役に立つことをやる。

二.店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何

店の大きさよりも店を出店する場所。店を出店する場所よりも良い商品であること。

三.売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる

新規顧客獲得よりも、既存顧客との関係を大切にすること。

四.資金の少なきを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし

資金ではなく信用が大事。信頼関係の構築を大事にすること。

五.無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ

お客様が望んでいないものを押し売りするのは駄目。お客様のためになるものを売る。

六.良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり

良い商品を売るのは善いこと。広告で多くの人に売ることはさらに善いこと。

七.紙一枚でも景品はお客を喜ばせる、つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ

商品を販売したときには何かおまけを付けてあげること。景品が無ければ笑顔を景品とすること。

八.正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ

相手によって値段を変えない、値引きをすると公平さや信頼を失う。商品に対して正札を守ること。

九.今日の損益を常に考えよ、今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ

商売は毎日の積み重ねである。今日の利益・損益は明らかにしておくこと。

十.商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ

どのような環境になっても利益を出すのが商人。どんな状況になっても儲けるためには何ができるのか、どんな手が打てるのかを考えること。

まとめ

もし事業や商売のことで行き詰まったときは、こちらのページをブックマークして、時々閲覧ください😃何かのヒントが見えてくるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました