会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)とは?

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)とは?

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)とは、経営のマトリックスのひとつで、事業の特性を明確にして事業構成の分析を行なう際に使われるマトリックス。

市場を「花形(市場成長率:高、相対的占有率:高)」「金のなる木(市場成長率:低、相対的占有率:高)」「問題児(市場成長率:高、相対的占有率:低)」「負け犬(市場成長率:低、相対的占有率:低)」の4つに分類して分析を行います。

PPMの由来は?

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)の由来は、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)【経営戦略に特化した世界初のコンサルティングファーム】が開発した製品・事業のポートフォリオのフレームワークから作られているようです。

ボストン コンサルティング グループ | BCG Japan
ボストン コンサルティング グループ(BCG)は、グローバルな経営コンサルティングファームです。価値創造戦略やイノベーションなどについて、私たちがどのようにクライアントを支援しているかをご紹介します。

花形(市場成長率:高、相対的占有率:高)

「市場成長率:高、相対的占有率:高」の状態です。市場の成長率が高い分、競合も多くて市場競争が激し状態になっています。この事業には投資が必要です。花形で 相対的占有率(市場シェア) が下がっていくと「金のなる木」へと変化します。

金のなる木(市場成長率:低、相対的占有率:高)

「市場成長率:低、相対的占有率:高」の状態です。市場の成長率は低い状態ですが、相対的占有率(市場シェア)が高いので、投資が少ない状態で利益が出しやすい状態となっています。

問題児(市場成長率:高、相対的占有率:低)

「市場成長率:高、相対的占有率:低」の状態です。市場の成長率は高いですが、相対的占有率(市場シェア)が低いので、投資が必要な状態です。将来の成長性が期待できるので投資をすれば「花形」に移動できる可能性を持っています。

負け犬(市場成長率:低、相対的占有率:低)

「市場成長率:低、相対的占有率:低」の状態です。市場成長率が低く、投資も必要なので利益創出が難しくなってきます。撤退を検討するべき段階にある事業となっているかもしれません。

まとめ

必ずしもPPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)で分類できるわけではないという点も注意が必要です。「負け犬」によって同じグループ企業の「問題児」が「花形」になっているという場合もあるかもしれません。PPMだけでなく様々な側面から分析する目線が必要かと思います。

ご参考ください😃

タイトルとURLをコピーしました