会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【WEBライティング入門】オファーとは?「オファー(提案)」文章テクニックを使って結果を生み出すマーケティングテクニック

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

「効果の出る」「売れる」文章・WEBページを作るための効果的なテクニックのひとつが「オファー」を使うという方法です。今回は、このオファーについてご紹介していきます。

オファーとはなにか

WEBライティングにおける「オファー」とは、「商品を提案すること」です。

※写真はイメージです。

なぜオファーが重要なのか?

WEBライティングに限らず、営業や商談の場ではこのオファーをいかにうまく使えるかが成約率や購入率の向上に影響を与えます。

誰も知らない・買いたくないといった商品であれば、売れるはずもありません

まずは、どんな商品・サービスなのかを知ってもらって、かつ商品を魅力的に、価値を感じてもらい、購入や契約に繋げていく必要があります。

そんな時には、この「オファー」が有効です。

オファーを効果的に使った実践例

例えば「ツイッターのフォロワー数を増やす方法」というノウハウがあった場合。これだけだと、どの期間で何人増えるのか?が分からないままです。「なんだろう?」と興味を惹くという意図であればこのキャッチコピーでもいいかもしれませんが、より具体的に提案をすることが「オファー」に繋がります。

「ツイッターのフォロワー数を増やす方法」

「ツイッターのフォロワー数を3ヶ月で1万人に増やす方法」

「ツイッターのフォロワー数を3ヶ月で1万人に増やす10の方法」

「ツイッターのフォロワー数を3ヶ月で1万人に増やす無料で出来る10の方法」

「無料で出来る!何のスキルも持っていなかった私が、ツイッターのフォロワー数を3ヶ月で1万人に増やすことのできた10の方法」

ブログのタイトルにしてもそうですが、より具体的に、誰に向けてのオファーなのかを考えることで、タイトルがブラッシュアップされて、クリック率アップにも繋がっていくことかと思います。

まとめ

「オファー」を活用することで、今まで売れなかった商品サービスが飛ぶように売れる…ようになるかもしれません。

「紹介したページの反応率が悪い」「なかなか購入まで至っていない」という課題を感じているようでしたら、ぜひオファーのテクニックを活用されてみてください😃

それでは、また😃

↓さらにスキルアップしたい方は、下部より関連記事を、どうぞ。😃

タイトルとURLをコピーしました