会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

マッキンゼーの7Sとは?【事業戦略に使えるフレームワーク】

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

マッキンゼーの7Sとは?

マッキンゼーの7Sとは「マッキンゼー・アンド・カンパニーが開発、ハードとソフト、7つの資源から組織の現状と戦略を考えるフレームワーク」。

組織構造(Structure)

「組織構造(Structure)」とは、組織図や部門部署、プロジェクトのチームなど、組織編成のことをいいます。

戦略(Strategy)

「戦略(Strategy)」とは、企業が考える、立てる事業戦略のことをいいます。

システム(System)

「システム(System)」は、福利厚生や人事評価、給与体系、採用、仕組化など、インフラに関する部分をいいます。

スタイル(Style)

「スタイル(Style)」は、企業文化、社風といった、どのようなスタイルなのかという企業の考え方や風土をいいます。

人材(Staff)

「人材(Staff)」は、組織にいる社員、アルバイト、スタッフさん、働く人材のことをいいます。

スキル(Skill)

「スキル(Skill)」は、社内の仕事の仕組みや技術、ノウハウをいいます。全社的なスキル向上もひとつの戦略として必要な部分です。

共通の価値観(Shared Value)

「共通の価値観(Shared Value)」は、理念、パーパス、ビジョンのことをいいます。どのような考え方・価値観で仕事をするのか?どういった方向性で事業を進めるのか?といったときに重要なポイントになります。

マッキンゼーの7Sの中でも中核に位置しており、もっとも重要な部分であるともいえます。

まとめ

以上、マッキンゼーの7Sを抑えておくことで、事業戦略の立案や実行にも大いに役立ちます。

ぜひ抑えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました