会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【フレーミング効果とは?】情報の伝え方によって相手にどう伝わるかが変わる心理学効果

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

フレーミング効果とは?

フレーミング効果とは「同じ意味を持つ情報であったとしても、相手に伝える時に、その伝え方によって受け取る印象が変わるという心理学効果のことを言います。

フレーミング効果の例

ここに、有名なフレーミング効果の例があります。

たとえば、あなたがある手術を受けることになって、以下の2つの選択肢を提案されたとします。

その時、あなたはどちらを選択しますか?

【選択肢A】この手術は90%の確率で成功します

【選択肢B】この手術は10%の確率で失敗します

さて、あなたはこの時、どちらの選択をしますか?

答えは、「どちらも同じ生存確率なので、どちらを選択しても同じ」ということになります。

まとめ

「フレーミング効果」を上手く活用することで、相手の行動に影響を与え、ビジネスや商談の場などで大きく役に立ちます。

商品やサービスが売れるようになるためにも、ぜひ伝え方を工夫して、キャッチコピーなどを作ってみましょう!

こちらの本もご参考ください

マーケティングについて興味がある方は、ぜひこちらの本もご参考ください😃↓勉強になります。

なんで、その価格で売れちゃうの? 行動経済学でわかる「値づけの科学」 (PHP新書) Kindle版

詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました